麻生区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を30年務める 北村 清士さん 宮前区在住 83歳

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena

自由に描いて心身健康

 ○…30年前に講師の依頼を受けて以来、ヨネッティー王禅寺でパステル画教室の講師を務める。生徒の多くは、同世代やその下の現役を退いた人たち。「絵を描くことで、いきいきと健康な人が多い」とその姿を見守る。今月23日からは同館で生徒の成果を披露する作品展を開催。10年以上通う人もおり「みなさんにお会いして、自分自身も刺激になっている」と、教え、教えられの日々を送る。

 ○…大阪出身。19歳頃から劇画の漫画家として活躍。ペンネームは「都島京弥」。「油絵がやりたかったのに、だんだんと横の道にそれちゃった」と笑うも、ほどなくして劇画ブームが来る。仲間と立ち上げた劇画集団「ヒマナグループ」には「モンキー・パンチがいて、自分のアシスタントもやっていた」と懐かしみ、手塚治虫の手伝いをした時期もある。新聞連載も含め、300点ほどの作品が残る。

 ○…川崎に住んで50年以上。「10年は棒に振りました」と苦笑するほど町内会活動にも尽力した。ハーモニカとカラオケという音楽の趣味もある。持論は「カラオケがうまい人は絵もうまい」。「上手な人の歌を聞くと、歌詞の言葉から情景が思い浮かべられる。創作はそうやってつながっている」

 ○…今後描きたいのは、幼少の頃に味わった戦争の経験だ。「日本の飛行機が墜落するところも見た。疎開先では『都会者は帰れ』とも言われた」。ぽつりと言葉がこぼれる。「今の子どもは幸せだと思う」。パステル画教室では毎回テーマを用意するが、生徒には「自由に描いてほしい」と呼びかける。生徒が描いた風景画や人物画、宇宙の絵を見ながら「好きなものを出しあって、すてきな会を続けていきたい」。穏やかに笑う。

麻生区版の人物風土記最新6

小林 千恵子さん

発足30周年を迎えたサークル「サロン・ド・シャンソン」の代表を務める

小林 千恵子さん

王禅寺東在住 

5月14日号

山田 勝彦さん

麻生区スポーツ推進委員会委員長を務める

山田 勝彦さん

岡上在住 75歳

5月7日号

中山 厚夫さん

麻生区保護司会の会長に再任した

中山 厚夫さん

片平在住 74歳

4月30日号

越畑 好夫さん

今月第7代麻生消防団長に就任した

越畑 好夫さん

黒川在住 70歳

4月23日号

秋葉 達也さん

4月1日付で麻生消防署長に就任した

秋葉 達也さん

区内在勤 58歳

4月16日号

飯塚 宏司さん

麻生警察署の署長に就任した

飯塚 宏司さん

千代ヶ丘在住 55歳

4月9日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter