麻生区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

市政報告 「四ツ田緑地」をご存知ですか みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

保全と利活用のハイブリッドへ

 麻生区の王禅寺ふるさと公園そばに、四ツ田緑地があります。約7・1haの広大な土地で、現在は市が所有しています。長く閉鎖していましたが、市は保全と利活用の「モデル地区」として動き出しました。昨年11月下旬にイベントが、この3月に初の意見交換会が開かれ、6月末までに園路を整備します。

ワイルドな緑地試験的な開放も

 私が最初に緑地へ入ったのは、昨年初秋。草木が伸び放題で起伏が激しく、池のふちの急斜面を登り、難所だらけの中を進むと視界が開け、その先に広場がありました。その後、安全のために傾斜にロープを張るなどして、11月には広場で親子向けイベントを開催。野外活動や緑地保全、子ども会、ボーイスカウト等10団体が出店し、市民等201人のほか、市長ら市関係者も訪れました。アンケート結果は大好評。今年7月を目途に、一般の方にお試し開放を企画中とのこと。ぜひ足を運んでみてください。

市のビジョンを明確に

 3月の意見交換会では、自然保護や子ども関係、野外活動等の多様な団体関係者が集まり、全く異なる立場からの率直な意見が交わされました。今後は、緑の保全に生物多様性等の環境的視点、イベント開催など、市の複数部局の連携が必要となります。最も肝心なのは市のビジョンです。未来の川崎市にとって「緑地」の価値とは何かを、明確にして進めるように注視します。奥が深い分野です。引き続き取り組みます。

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

TEL:044-200-3355

http://suzuki-tomoko.mints.ne.jp/

麻生区版の意見広告・議会報告最新6

ワクチン接種 Q&A

新型コロナウイルス感染症 連載 86

ワクチン接種 Q&A

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

5月7日号

ワクチン接種最新情報

新型コロナウイルス感染症 連載 85

ワクチン接種最新情報

みらい川崎市議会議員団 こば りか子

4月16日号

「より健康的な暮らしを」

意見広告

「より健康的な暮らしを」

〜ハーム リダクション・ライフスタイルへシンポジウム開催のご案内

4月9日号

市議会が止めずに誰が止めるのか!

議会報告

市議会が止めずに誰が止めるのか!

川崎市議会議員 月本たくや(無所属)

4月2日号

「四ツ田緑地」をご存知ですか

市政報告

「四ツ田緑地」をご存知ですか

みらい川崎市議会議員団 鈴木朋子

3月26日号

横浜市高速鉄道3号線延伸 令和2年度の川崎市の取り組み

議会報告

横浜市高速鉄道3号線延伸 令和2年度の川崎市の取り組み

みらい川崎市議会議員団 あまがさ裕治

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

苔玉づくりに挑戦

苔玉づくりに挑戦

6月7日 リリオスで

6月7日~6月7日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    5月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter