麻生区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

性暴力根絶へ、50人が訴え 川崎駅前でフラワーデモ

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
声を上げたデモ参加者ら
声を上げたデモ参加者ら

 性暴力根絶と被害者視点に立った刑法改正を訴える「フラワーデモ」が4月11日にJR川崎駅前で開かれた。約50人(主催者発表)が集まり、「性暴力を許さない」「一人でも多すぎる」などと書かれたプラカードと花を手に声を上げた。

 約1時間のデモの後半は、自身や友人の受けた性暴力のスピーチが続いた。14歳で被害に遭った女性は「良いカウンセラーに出会えて何とか生きてきた。生きている姿を見せたくてデモにも参加した」と震える声で訴えた。男性被害者は「性被害に性別も年齢も関係ない。フラッシュバックに苦しむ人、目撃した人は相談機関に電話を掛けてほしい」と語った。

 同所では数時間前にヘイトデモが行われていた。フラワーデモの主催者の一人、菊田由佳さんは「アイデンティティーを踏みにじる行為で、性差別と根源は同じ。あらゆる差別を花で凌駕したい」と力強く語った。

 2019年に続いた4件の性暴力事件無罪判決を機に、抗議の意を込めて東京都内で始まったフラワーデモ。市内では菊田さんらが中心となり昨年末、「フラワーデモ川崎」を立ち上げた。

横浜地裁前でも

 初開催から丸2年となった11日は、横浜地裁川崎支部前でも実施。同支部では3月に、当時17歳だった女性への強姦罪に問われた男性被告に対し、性的虐待は認めながらも無罪判決が出ていた。デモでは「なぜわいせつだと認めるのに無罪なのか。判決文を聞く度に司法から否定されている気がします」と被害者の声が代弁された。

︿電話相談窓口﹀

かながわ性犯罪・性暴力ワンストップ支援センター

#8891(短縮ダイヤル)
 

麻生区版のローカルニュース最新6

個性の輝き 花で表現

夢絵コンテスト

個性の輝き 花で表現 文化

南百合小・岩野さん 市教委賞

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

とんびいけ球場を開放

とんびいけ球場を開放 スポーツ

小学生以下 ボール遊び可

5月7日号

小2生へ 坂本「九九シート」

フロンターレ

小2生へ 坂本「九九シート」 教育

生誕80周年 名前ちなみ作成

5月7日号

体操と歩きで健康に

体操と歩きで健康に 社会

万福寺の公園でイベント

5月7日号

舞台で一緒に合唱を

舞台で一緒に合唱を 文化

高1以上の参加者募集

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter