麻生区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

3世代で、縁の下の力持ち アートボランティア“柴田ファミリー”

文化

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
左から、みどりさん、俊亮さん、かおりさん
左から、みどりさん、俊亮さん、かおりさん

 会場案内や、チケットもぎり、チラシの設置などで「アルテリッカしんゆり」を支える縁の下の力持ちが「アートボランティア」と呼ばれる市民ボランティア。200人近い登録者の中には親子や夫婦もいるが、3世代で参加するのが「柴田ファミリー」だ。

母・息子へつながる

 家族の中で最初にボランティアに加わったのは、柴田かおりさん(44)=万福寺在住。「地域に貢献できるし楽しそうだな」と同祭2年目から参加する。数多く携わってきた公演の中でも、昨年8月の大谷康子さんの公演は特に思い出深い。「『開催できてよかった』スタッフ側の思いと、『公演に来れてよかった』観客の気持ちがどちらもわかり、ボランティアは合間にいるんだなと思った」と語る。

 かおりさんの母、安河内みどりさん(68)=王禅寺西在住=は、日ごろから芸術公演に足を運んでいたが、娘からの誘いもあって参加するように。「出演者の方とお話しできるのは役得ですね」とほほ笑む。

 そんな家族の影響を受けたのが、かおりさんの長男・俊亮さん(17)だ。アルテリッカの子ども向け公演に訪れていたこともあり、高校生になり自然と、身近だったアートボランティアの道を選択。印象に残るのは昨年のオペラ「カルメン」。「大きなホールを担当することと、久しぶりの公演で観客も多く、緊張感ただよう雰囲気だった」と振り返る。

共通の話題に花咲く

 地元でのボランティアに「愛着は大きい」と口をそろえる3人。さらに3世代で参加することについて、みどりさんは「高校生の孫と共通の話題や一緒に何かできるのが楽しい」と語る。俊亮さんも「おばあちゃんと顔を合わせる機会が増えた」と声を弾ませる。

 過去にも親子同士、祖母と孫の組み合わせで同じ公演を担当することももあった。今年は「三大B名曲コンサート」で3人がそろう予定だ。

 今年の開催を前に、かおりさんは「お客さまに安心してきてもらえるよう準備をしている。見ている間はコロナのことを忘れて楽しんでほしい」と話す。俊亮さんは「いろんなのボランティアの人にも顔を覚えてもらえたら」と笑顔を見せる。

左2人目からみどりさん、俊亮さん=同提供
左2人目からみどりさん、俊亮さん=同提供
過去、同じ公演で活動する俊亮さんとかおりさん=実行委員会提供
過去、同じ公演で活動する俊亮さんとかおりさん=実行委員会提供

麻生区版のローカルニュース最新6

個性の輝き 花で表現

夢絵コンテスト

個性の輝き 花で表現 文化

南百合小・岩野さん 市教委賞

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

とんびいけ球場を開放

とんびいけ球場を開放 スポーツ

小学生以下 ボール遊び可

5月7日号

小2生へ 坂本「九九シート」

フロンターレ

小2生へ 坂本「九九シート」 教育

生誕80周年 名前ちなみ作成

5月7日号

体操と歩きで健康に

体操と歩きで健康に 社会

万福寺の公園でイベント

5月7日号

舞台で一緒に合唱を

舞台で一緒に合唱を 文化

高1以上の参加者募集

5月7日号

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

  • ワクチン接種 Q&A

    新型コロナウイルス感染症 連載 86

    ワクチン接種 Q&A

    みらい川崎市議会議員団 こば りか子

    5月7日号

あっとほーむデスク

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter