麻生区版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena

FROカフェでかわさきイチゴ第2弾

 サッカーJ1・川崎フロンターレの公式カフェ「FRO CAFE」(JR武蔵小杉駅 北口 徒歩30秒)で市内産のイチゴ「かわさきイチゴ」を使ったコラボメニューの第2弾がこのほど登場した。

 「かわさきイチゴ」は現在、市内10軒の農家で生産されている。同クラブは今年2月にJAセレサ川崎を通じてイチゴが寄贈されたことを受け、同カフェでかわさきイチゴを使った限定メニューとして販売を開始。好評を博したことから販売期間を4月30日(金)まで延長するとともに、メニューを追加。

 今回登場した「ステラクワトロサンド」は、イチゴをたっぷりと詰めたフルーツサンド。「ホイップクリームとイチゴの相性が抜群で隠し味のマスカルポーネがいいアクセントになっている」と同カフェスタッフ。また、「ステラクワトロサワー」と呼ばれるイチゴサワーは、「ひんやり冷えたイチゴをつぶしながら楽しめるドリンク」(同カフェスタッフ)という。同カフェでは、かわさきイチゴを使ったパンケーキやパフェ、あめ、ヨーグルトフラッペ、スパークリングワインも引き続き販売。購入者には1品につき1枚「かわさきイチゴ」ステッカーをプレゼントしている。
 

麻生区版のコラム最新6

GO!GO!!フロンターレ

大正橋のほとり癒しの庭が

区民記者が走る! vol.6 2021年 October

大正橋のほとり癒しの庭が

10月15日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

10月8日号

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月24日号

GO!GO!!フロンターレ

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook