麻生区版 掲載号:2021年5月21日号 エリアトップへ

区民記者が走る! vol.1 2021年 May 「走り出します前に、お伝えします」

掲載号:2021年5月21日号

  • LINE
  • hatena
156活動団体を掲載、配布継続中
156活動団体を掲載、配布継続中

 川崎市で麻生区だけにある区民記者。ご存知でしょうか?平成21年4月に産声をあげてから10年以上がたちました。この間、麻生市民交流館やまゆりの広報紙として「やまゆりニュース」「あさおふれんず」などを年6回発行、さらに、取材した活動団体を3年ごとにまとめた小冊子も「あさおナビ2019」で3冊目となり、地域デビューを考えている方々に活用いただいております。

 このたび、タウンニュース社から、「この経験を生かしませんか」と嬉しい話をいただきました。そこで、来月から区民記者の有志6人で区内を走りまわり、単なるイベントの告知でなく準備のご苦労など、時には参加者の声などをお聞きしたり、目立たない活動にスポットライトを当てたり、街で出会った「ちょいと良い話」などを、区民視線で紹介していきます。ご期待ください。

区民記者とは?

地域活動が盛んな麻生区で活動する団体にスポットライトをあてるために、麻生市民交流館ゆまゆりを運営する認定NPO法人あさお市民活動サポートセンターが中心となって、文章を書くことが好きな区民で活動しています。

植木昌昭記者
植木昌昭記者

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook