麻生区版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」謎の深い前滝口榎下重兼たち【4】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena
榎下郷周辺の地図 榎下の地名が記されている
榎下郷周辺の地図 榎下の地名が記されている

 横浜線の中山駅の北西1Kmには中世城郭の榎下城跡があり、恩田川沿いの沖積地には観護寺がある。城址西側に位置する神明神社脇の道は「鎌倉道」と言われている。城址の東側に所在する杉山神社の脇にある旧道は、白根を通り鎌倉街道上道に通じる古道である。郷の南端には中原街道や保土谷方面に通じる古道が通っている。榎下郷は複数の道路が交わる交差点であった。また、付近の寺院には鎌倉期の大型板碑があったと伝えられている。このように様々な状況証拠はあるのだが、決め手に欠いている。厳密に考えると、榎下重兼を鶴見川流域の武士とするにはいささか無理がある。麻生の地名を名乗る麻生胤国についても同様である。        (つづく)
 

育児・家事の両立OK!

第一生命 鶴川営業オフィス(☎050-3782-2910 担当:宮川)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

<PR>

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」県下最古の板碑〜寛元二年銘板碑等と御家人鴨志田氏について〜【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月24日号

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook