麻生区版 掲載号:2021年6月11日号 エリアトップへ

蚕の育て方 五感で学ぶ 白山こ文で 約30人参加

社会

掲載号:2021年6月11日号

  • LINE
  • hatena
桑の見分け方を説明する平野代表
桑の見分け方を説明する平野代表

 白山こども文化センターで6月5日、蚕を育てる講座が開催され、児童や保護者ら約30人が参加した。

 地域の大人たちが先生となり、子ども時代にしか経験できないことを教える体験型教室を企画する「むじなが土曜塾」(平野敦士代表)が主催。蚕を育てる講座は、15年ほど前から、毎年同センターで実施されており、昨年はコロナの影響で中止となって以来2年ぶり。

 当日は、平野代表が蚕の生態や飼育の仕方、養蚕の歴史などを解説。その後、蚕の餌となる桑の見分け方について同センター周辺でフィールドワークを行った。講座の後には、希望者に1センチほどの小さな蚕が手渡された。

 参加した6年生の男児は「蚕の一生が短いことや、生態についても知ることができた。これから育てて、まゆができるのが楽しみ」と感想を語った。平野代表は「昔は、黒川や岡上でも養蚕が行われていた影響か、この辺りに桑の木が多い。五感を使って勉強することが大事。蚕を育てて、まゆを取って、糸繰りをして、経験したことをみんなに話してもらえたら」と話した。

 なお、7月3日には糸繰り体験を同センターで予定している。
 

小さい蚕を眺める児童
小さい蚕を眺める児童

麻生区版のローカルニュース最新6

野菜ギフトに応募多数

小多機支え合い

野菜ギフトに応募多数 社会

30人が笑顔で受け取り

7月23日号

「交通事故ゼロの麻生区を」

「交通事故ゼロの麻生区を」 社会

交対協ら駅前で啓発

7月23日号

多摩川梨、今年も結実

多摩川梨、今年も結実 社会

麻生区内で出荷開始

7月23日号

景観向上へ 美化活動

エリマネコンソーシアム

景観向上へ 美化活動 社会

新百合ヶ丘駅南口で

7月23日号

「夏休み企画へぜひ参加を」

コミュニケーション・プラザ川崎

「夏休み企画へぜひ参加を」 文化

「第1弾」今月末まで実施中

7月23日号

「ふれあい公園」今年も中止

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter