麻生区版 掲載号:2021年6月25日号 エリアトップへ

記者まちかど探検 蔵にある「象」の正体は? 岡上の旧家で発見

社会

掲載号:2021年6月25日号

  • LINE
  • hatena
蔵の庇の上にある象
蔵の庇の上にある象

 小田急線鶴川駅の南側、古くから養蚕で栄えた麻生区の飛び地「岡上」。先日、この地域で取材をしている際に、地元住民から「岡上に象がまつられた珍しい蔵がある」という情報を入手。早速、記者は現場に駆け付けた。

 麻生区の中でも、鶴川駅からさほど遠くない同地域には旧家が立ち並ぶ。その中の、とある1軒に情報のあった「象がある蔵」が存在した。

時期も理由も不明

 象がある場所は、蔵の扉上部についた庇の上=写真。70代だという家主に話を聞くと、「生まれた時から蔵はあった。岡上にもう1軒あると聞いているが、いつからか、どうしてなのかわからない」と話す。蔵は屋根や壁面は過去に修繕をしたが、象はそのままにしてきたという。

珍しい装飾

 民俗学に詳しい川崎市市民ミュージアムの学芸員に聞いてみた。「推測の範囲で」と前置きし、「蔵の上に象があるのはあまり見ない。木造建築の『木鼻』に、このタイプの象が彫られていることがある」と話す。

 魔除けや縁起を担いで庇や屋根の上に像を置くことがあるそうで、仏教とのつながりでみると象は神聖なものとみなされていた。同学芸員は「ガネーシャ神であれば商売繁盛や繁栄を司る神として縁起物として見られることがある。今回の象は、縁起物や神仏として飾っているとしたらデザインがシンプルすぎる」と疑問を抱く。

 また、象が一般的に周知されたのは近代に入ってからで「大正か昭和あたりに装飾として作られたのではないか。土蔵にも庇の上に彫刻や装飾があしらわれているものがあるため、その可能性が高い」と答えてくれた。

 設置された理由など真相はわからないが、珍しい装飾である可能性は高そうだ。

育児・家事の両立OK!

第一生命 鶴川営業オフィス(☎050-3782-2910 担当:宮川)

https://dai-ichi-life-career.jp/outline/index.html

<PR>

麻生区版のローカルニュース最新6

SDGs制度398者に

SDGs制度398者に 経済

市パートナー、第2回で

9月24日号

亡き母の「手まり」希望者に

亡き母の「手まり」希望者に 社会

千代ヶ丘の女性 呼びかけ

9月24日号

唯一の写真フレームを

唯一の写真フレームを 文化

10月9日 片平会館でWS(ワークショップ)

9月24日号

衣装でイベント下支え

川崎フロンターレ応援特集

衣装でイベント下支え スポーツ

クラブ公認ボランティア

9月24日号

「結果で川崎に恩返しを」

川崎フロンターレ応援特集

「結果で川崎に恩返しを」 スポーツ

DF 山根視来選手

9月24日号

「パンダコパンダ」上映

「パンダコパンダ」上映 社会

10月10日 映画祭一環で

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook