麻生区版 掲載号:2021年7月9日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2021年7月9日号

  • LINE
  • hatena
1対1で選手と話ができる ©川崎フロンターレ
1対1で選手と話ができる ©川崎フロンターレ

ファン感企画参加者募集中

 サッカーJ1・川崎フロンターレは8月1日(日)に実施する「2021ファン感謝デー(ファン感)」(午後2時から5時30分予定)での「リミートライブ」と、「選手への電話相談室」の参加者を募集している。いずれも後援会員限定で、各自負担の電話代、通信費を除き、参加費は無料。7月19日(月)午後1時まで同クラブ後援会マイページ(http://bluefriends.biz)で受け付けている。

 新型コロナの影響で、ファン感は2年続けてのオンラインでの開催となる。そうした中、「可能な限り選手と触れ合う場を開設しました。目一杯楽しんでいただければ」と同クラブスタッフは参加を呼び掛ける。

 リミートライブは、パソコンやスマホから選手と直接話をすることができる企画。20秒交流し、その後、2ショットの記念撮影が行われる。同クラブでは約1500人を募集し、申し込み多数の場合は抽選となる。

 電話相談室は、選手に悩みや疑問を直接聞いてもらう企画。「フロンターレに関する質問からプライベートなことまで何でもOK。お気軽に」と同クラブスタッフは語る。音声と会話内容はファン感当日のライブ配信で公開される。募集は若干名。

 応募条件など、詳細は同クラブ公式ウェブサイト(https://www.frontale.co.jp/)を参照。
 

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

恒例の「二つ目落語会」

恒例の「二つ目落語会」

9月18日 棕櫚亭(西生田)で

9月18日~9月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook