麻生区版 掲載号:2021年7月16日号 エリアトップへ

ピカソ・カレッジ(古沢) 「自己表現のパワー感じて」 市民館で初の作品展

文化

掲載号:2021年7月16日号

  • LINE
  • hatena
ピカソ・カレッジの出展メンバーら
ピカソ・カレッジの出展メンバーら

 障害のある人の就労支援、生活介護を行う「ピカソ・カレッジ新百合」=古沢=が、7月23日(金)から麻生市民館ギャラリーでアート作品展を開催する。これまで利用者が描きためた個性豊かな作品が地域に初公開される。

 同事業所には、就労に向けたスキルや生活全般のスキルを身につけることを目指し、支援学校などを卒業した18歳から28歳までが通う。日中の活動として、畑仕事、調理、缶バッチやTシャツの作成、そしてアート活動に取り組んでいる。

 これまで、作品は事業所内で楽しむだけだった。作品数が増えてきたこともあり、「幅広く地域の人に見てもらおう」と同事業所スタッフは半年前から作品展を企画。利用者の中から5人が出展予定だ。

得意な描き方で

 MAIKOさん(25)は、画材のパステルを使ったネコや花の作品を出展。絵の講師のアドバイスでパステルを使うようになると、技法はユーチューブの動画を見ながら習得した。初めての展示は「楽しみ。色合いに注目してほしい」と話している。

 几帳面な性格で、緻密な絵柄の模写が得意なKAIさん(19)。ポスターカラーで見本の色を細かく再現する。「細かい絵を描くのが好き」といい、「白黒やカラフルな絵を出す予定。繊細に描いたところを見てもらいたい」と語る。

 作品展が決まったことで「目標ができ、絵を描くモチベーションがあがっている」と話すのは、同事業所スタッフの後藤訓子さん。一人ひとり画材や描き方は異なるが、「その子にあった得意なやり方を、一緒に考えながら取り組んできた」という。

 絵を描くことは、利用者にとって自己表現の方法でもある。展示されるのは50点ほど。後藤さんは「作品からパワーを感じてほしい。ゆくゆくは絵を描くことが就労につながれば」と期待する。

 時間は午前11時から午後3時。28日(水)まで。入場無料。
 

色を重ねるKAIさん
色を重ねるKAIさん

麻生区版のトップニュース最新6

子ども視点で「SDGs」推進

子ども視点で「SDGs」推進 教育

市民団体が企画開始

7月23日号

市民と50年、歩み続く

青少年科学館

市民と50年、歩み続く 社会

「子どもへ星空を」原点に

7月23日号

「自己表現のパワー感じて」

ピカソ・カレッジ(古沢)

「自己表現のパワー感じて」 文化

市民館で初の作品展

7月16日号

「1000人合唱」9月に実現

麻生区出身新屋さん

「1000人合唱」9月に実現 文化

会場と動画組み合わせ 

7月16日号

オール岡上ワイン初完成

オール岡上ワイン初完成 経済

区内飲食店で提供へ

7月9日号

7割が着替え男女同室

市立小1、2年生

7割が着替え男女同室 教育

市教委、「現場対応」促進へ

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 7月23日0:00更新

  • 7月16日0:00更新

  • 7月9日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子どもに伝統文化 継承

子どもに伝統文化 継承

「お箏教室」参加者募集

9月11日~12月18日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter