麻生区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

GO!GO!!フロンターレ

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
カブトムシのオスとメス©川崎フロンターレ
カブトムシのオスとメス©川崎フロンターレ

富士見公園に「カブトムシの森」

 サッカーJ1・川崎フロンターレは恒例の「カブトムシの森」と銘打ったイベントを8月7日(土)、指定管理する富士見公園内「はぐくみの里」(川崎区)で開催する(変更の可能性あり)。午前11時から午後4時50分まで。

 公園内の一区画に「森」をつくり、カブトムシ約400匹を放し飼いする。参加者は10分間でつがいを捕まえ、最後は持ち帰ることができる。事前申込制。8月1日(日)午後11時59分までに、富士通スタジアム川崎ウェブサイト内にある専用フォームから申し込む。参加費は一般800円、同クラブ後援会会員600円で虫かご付き。

 また、アンモナイトなどの化石が埋め込まれたプレートをたたき割りながら発掘を楽しむ化石発掘体験(一般800円、同クラブ後援会会員600円)も実施。カブトムシを模ったせっけん作り体験(一般600円、同クラブ後援会員400円)もある。両イベントとも正午スタートで午前11時から整理券を配布。このほか、ヘラクレスオオカブトやコーカサスオオカブトなど世界のカブトムシが見られるコーナーも設置される。
 

「化石発掘体験」も楽しめる
「化石発掘体験」も楽しめる

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook