麻生区版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

柿生文化を読む シリーズ「鶴見川流域の中世」 稲毛庄の定説を見直す〜稲毛庄と畠山氏の関わり【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena

 さて、渋口郷を畠山氏の庶子六郎重宗が本貫地とする事で井田郷・小田中郷・稲毛郷等の稲毛庄内の他の郷とは異なる歴史を刻むことになる。南北朝時代から戦国時代の歴史については143〜144号で述べているので重複を避けて、ここでは多摩川沖積低地にある稲毛庄稲毛郷・小田中郷・井田郷と比べてどの様な特徴があるのだろうか見ることにしよう。

 渋口郷の地形は多摩丘陵と多摩川と矢上川がつくった沖積地からなっている。同郷は橘樹郡の中央に位置し、古代の橘樹郡衙に隣接し、郡寺であった栄興寺(影向寺)の木造薬師如来は12世紀前半、両脇侍菩薩像は12世紀後半の作と推定されている。これは稲毛庄の設立と時期が重なっている事に留意したい。隣接する矢上川流域の有馬郷・山田郷には鎌倉時代の寺院が存在したことが史料や伝承から分かっている。以上のことから、この地域が中世前期には文化の先進地域であったと考えられる。また、相模・武蔵から下総を結ぶ中世の幹線道路である中原街道が丘陵部から平野部に入る場所にあり、複数の道が分岐する交通の要の位置にあった。

       (つづく)
 

図版2 稲毛庄内渋口郷等想定図『川崎市史通史編1』付録より抄録
図版2 稲毛庄内渋口郷等想定図『川崎市史通史編1』付録より抄録

麻生区版のコラム最新6

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月17日号

ナラ枯れ大発生

区民記者が走る! vol.5 2021年 September

ナラ枯れ大発生

9月17日号

GO!GO!!フロンターレ

GO!GO!!フロンターレ

柿生文化を読む

柿生文化を読む

シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

9月10日号

GO!GO!!フロンターレ

あっとほーむデスク

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地下トンネル仕組み学ぶ

地下トンネル仕組み学ぶ

9月26日 オンラインで

9月26日~9月26日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • ナラ枯れ大発生

    区民記者が走る! vol.5 2021年 September

    ナラ枯れ大発生

    9月17日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」 板碑に刻まれた「主君」は武将か僧侶か―建長七年銘板碑から地域社会を考える―【3】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    9月17日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook