麻生区版 掲載号:2021年9月3日号 エリアトップへ

王禅寺中央中高橋さん 囲碁全国大会で3位 「次は高校で」優勝をめざす

社会

掲載号:2021年9月3日号

  • LINE
  • hatena
3位のトロフィーを手にする高橋さん
3位のトロフィーを手にする高橋さん

 市立王禅寺中央中学校3年の高橋大地さん(15)は8月20日・21日、日本棋院(千代田区)で行われた「文部科学大臣杯 少年少女囲碁大会全国大会」に出場し、3位に輝いた。全国の地区予選を勝ち抜いた70人によって、競われた今大会。「悔しい思いもあるけど、準決勝まで行けて良かった。次は高校で頑張りたい」と抱負を語った。

 高橋さんは、6月に行われた同大会の神奈川地区代表決定戦で優勝し、今大会の出場権を獲得。「特に緊張はしなかった」と今大会を迎えた。

 大会参加者70人が、8組に分かれ、各組上位2人が本選に進める1次リーグ。高橋さんは、過去に出場した全国大会の準優勝者と同組に。初戦で勝ちを収め、勢いに乗ると、3連勝で1次リーグを1位で突破した。「勝ち抜けた喜びよりも安堵感があった」。続けて行われた本選1回戦も勝ち、1日目を終えた。

 2日目は、準々決勝から。参加者が一堂に会した初日と異なり、勝ち上がった8人しか会場におらず、プロも会場に訪れる緊張感の中で戦いが始まった。準々決勝で勝利して臨んだ準決勝は、中盤で優勢に。その後、早碁になる展開で終盤のミスが響いて敗戦。3位決定戦に回り、そこで勝利を収め、3位で大会を終えた。高橋さんは「優勝を目指していたけど、準決勝まで残ることができた。最後勝って終われて良かった」と振り返る。

「新しい舞台で」

 小学生時代に、全国大会で準優勝の経験を持つ高橋さん。2年ほどアメリカで過ごし、昨夏帰国。今回の結果には「アメリカから帰って来て弱くなっていなかった。あと一歩だなと思った」と振り返る。囲碁の世界では最近AIを取り入れた戦略が練られている。「人が打つことでコンピューターが到達し得ない世界がある。その楽しみを追求していきたい。高校生になっても囲碁を続け、新しい舞台で頑張りたい」と今後の抱負を語った。
 

麻生区版のトップニュース最新6

改善重ね運行10年

山ゆり号

改善重ね運行10年 社会

百合高生がマスコット作成

10月15日号

毎朝、体操続けて15年

区内同好会

毎朝、体操続けて15年 社会

健康増進、交流の場に

10月15日号

劇場で「つながる」体験を

しんゆり映画祭

劇場で「つながる」体験を 文化

今月末から5日間

10月8日号

資源物持ち去り、罰金も

川崎市

資源物持ち去り、罰金も 社会

来年4月施行目指す

10月8日号

共生の道、麻生から

市民団体「アライの森」

共生の道、麻生から 社会

LGBTQ講座 今月開始

10月1日号

記念事業検討へ、始動

麻生区制40周年

記念事業検討へ、始動 社会

実行委員会に65団体・企業

10月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ヤマユリの植え替え実演

ヤマユリの植え替え実演

11月10日 麻生市民館で

11月10日~11月10日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook