麻生区版 掲載号:2021年9月17日号 エリアトップへ

麻生区出身新屋さん 会場と動画 350人で大合唱 1年半のプロジェクトが結実

文化

掲載号:2021年9月17日号

  • LINE
  • hatena
動画と会場が一体となって合唱した
動画と会場が一体となって合唱した

 合唱曲『いのちの地球(ほし)』を1000人で合唱するプロジェクトが9月11日、麻生市民館で行われた。事前に投稿された動画と、当日会場に参加した計350人での大合唱が実現した。

 同プロジェクトは、麻生区出身の音楽家・新屋賀子(しんやよりこ)さん=人物風土記で紹介=が作詞・作曲した『いのちの地球』を1000人で合唱しようと、本人と、その思いに共感した地元有志による実行委員会が企画した。

 実行委員会を結成したのは昨年9月。そこからプロジェクトが動き出した。今年に入りウェブサイトを作成し、SNS等を使って、動画での投稿と、会場での参加を呼び掛けた。

 当日、感染対策のため会場は人数制限が設けられたものの、150人らが駆け付けた。第1部の冒頭で曲の紹介演奏の後に、新屋さんが登壇。「準備を始めて1年半。こうして実現できて、夢うつつな気分。『いのちの地球』の種が、幸せを携えて広がっていくことを願っています」とあいさつした。

 第2部では、歌の世界観から「宇宙創生」「地球創生」「新生地球」をイメージした映像や楽器演奏、舞、ダンスによるパフォーマンスが行われた。最後は、事前に投稿された180人の動画と一緒に、会場で『いのちの地球』を大合唱して幕を閉じた。新屋さんは「今回が第一歩。いつか1000人での合唱を実現できたら」と話した。

あいさつする新屋さん
あいさつする新屋さん

麻生区版のローカルニュース最新6

強気プレーで県V

バドミントン

強気プレーで県V スポーツ

佐藤彩夏さん(上麻生在住高校2年)

11月26日号

地域住民と花壇づくり

長沢小3年

地域住民と花壇づくり 教育

諏訪公園に苗120本

11月26日号

エルミでクイズラリー

エルミでクイズラリー 社会

11月27日、28日の2日間

11月26日号

森の中が美術館

多摩美

森の中が美術館 文化

子育て世代が継承

11月26日号

冬の新ゆりをライトアップ

冬の新ゆりをライトアップ 社会

1年ぶりのマルシェも盛況

11月26日号

「いざ」という時に備えて

川崎市

「いざ」という時に備えて 社会

総合防災訓練に390人

11月26日号

あっとほーむデスク

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子でオランダ旅体験

親子でオランダ旅体験

クリスマスカード作りも

12月4日~12月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook