麻生区版 掲載号:2021年10月8日号 エリアトップへ

しんゆり映画祭 劇場で「つながる」体験を 今月末から5日間

文化

掲載号:2021年10月8日号

  • LINE
  • hatena
過去の様子(事務局提供)
過去の様子(事務局提供)

 今年で27回目となる「KAWASAKIしんゆり映画祭」が10月31日(日)から川崎市アートセンターで開催される。地域密着の市民映画祭として、今回は「コロナ禍の中で、地域、観客、映画のつながりを大切にしたい」という思いが反映されたラインナップだ。

 今回のプログラムは「#(ハッシュタグ)映画とつながる 映画でつながる」がキャッチコピー。ドキュメンタリー『まちの本屋』『くれなずめ』など、国内外の14作品を25回上映。藤子・F・不二雄ミュージアム(多摩区)の開館10周年を記念した「ドラえもん」作品、独自に作成した「副音声イヤホンガイド」付きの上映も行われる。「つながりを大切にした映画が多いので、こんな時期だからこそ、誰かと映画館で作品を見る楽しさを体験してもらえたら」と同祭事務局の担当者は語る。

 例年、監督や俳優らがゲストとして登壇するが、今回は初の試みとしてオンライントークも実施。今年のカンヌ映画祭で脚本賞を受賞した濱口竜介監督や、アニメ映画『トゥルーノース』の清水ハン栄治監督などが出演予定だ。

 期間は10月31日、11月3日(水・祝)、5日(金)〜7日(日)。チケットは10月16日(土)からウェブ予約制で販売開始。上映スケジュールなど詳細は同祭公式サイト。

市民主体のお祭り

 同祭は川崎市の「芸術のまち構想」の一環として1995年に始まった。ボランティアの市民スタッフが運営・企画を担い、昨年から新たな運営組織で稼働している。市民スタッフは約30人。春から、スタッフにより映画祭で上映したい作品が選出、選定された。

 常設映画館が2館あり、映画人を育成する日本映画大学のキャンパスがある新百合ヶ丘。同担当者は「映画を作る人や見る人が集まるまちで市民主体の祭りを楽しんでほしい」と話している。

麻生区版のトップニュース最新6

一輪車演技日本一に

王禅寺中央小日野さん

一輪車演技日本一に スポーツ

小学生の部で悲願達成

12月3日号

市、「対象は制定後」

犯罪被害者支援条例

市、「対象は制定後」 社会

登戸事件 既存策で対応へ

12月3日号

地図づくり大詰め

SDGs推進隊

地図づくり大詰め コミュニティ社会

他都市への展開も視野に

11月26日号

新会議、年度内に試行

川崎市

新会議、年度内に試行 社会

「形式自由」も運用がカギ

11月26日号

区内で新たに16件決定

市地域文化財

区内で新たに16件決定 文化

旧神谷歯科など

11月19日号

神奈川制し全国へ

桐光学園サッカー部

神奈川制し全国へ スポーツ

3年ぶりに王座奪還

11月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月26日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高血圧症と心不全」

テーマは「高血圧症と心不全」

12月9日 健康づくり講演会

12月9日~12月9日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook