麻生区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

衆院選9区 前職に新人2氏挑む 与野党四つどもえ、混戦へ

政治

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena

 10月19日公示、31日投開票の予定で準備が進む衆議院選挙。神奈川9区(麻生区、多摩区、宮前区神木本町1〜5丁目)からは11日時点で、立憲民主党の笠(りゅう)浩史(ひろふみ)氏(56)と自民党の中山(なかやま)展宏(のりひろ)氏(53)の前職2人、共産党の齋藤(さいとう)温(のどか)氏(30)と日本維新の会の吉田(よしだ)大成(たいせい)氏(51)の新人2人が立候補の意向を示している。

 笠氏は今回、立憲民主党から出馬する。前回は希望の党から立候補して6選を果たし、昨年から無所属で活動を続けてきた。政府のコロナ対応の検証、消費税5%減税による経済対策、教育・子育ての予算重点配分などを政策に掲げる。「安倍・菅政権を総括した上で、今後も自民党一強時代を続けるかどうかの大事な選択を」と訴える。

 中山氏は今月、岸田文雄内閣発足で国土交通副大臣に就任。災害対策をはじめ河川など国土保全、交通や住宅政策を担当し、「地元の皆さんの安全と便利をつくり上げていく」と意気込む。4期目を目指し、「コロナで窮屈な思いをしている子育て世代、女性や年配の方々がもっと自分らしさを実現できる社会にしたい」と表明する。

 翻訳業を営み、共産党で9区青年・女性部長を務める齋藤氏は、初挑戦の前回に続き立候補を決意。「コロナと気候危機から、国民の命と暮らしを守る」と力を込める。ジェンダー平等社会を掲げ、「個性と多様性が尊重されるよう、選択的夫婦別姓や同性婚などを実現させたい」と強調。「国民のための政治づくり」を掲げる。

 日本維新の会からは、吉田氏が出馬を予定。衆議院議員秘書を経て1999年から県議会議員を4期務めた。税と社会保障改革・成長戦略、最低所得補償、フラットタックスで可処分所得を増やす「日本大改革プラン」を掲げる。「国民不在の政治を正すため、覚悟を持った『改革保守』の新たな政治へ刷新するとき」と強調する。

 2017年の前回衆院選では、笠氏、中山氏、齋藤氏の3人が9区から立候補。約1700票差で笠氏が当選し、中山氏は比例代表で復活当選した。9区の投票率は55・05%で麻生区は58・32%、多摩区と宮前区の一部は52・46%だった。

笠浩史氏
笠浩史氏
中山展宏氏
中山展宏氏
齋藤温氏
齋藤温氏
吉田大成氏
吉田大成氏

麻生区版のローカルニュース最新6

町内会が初コンクール

ポイ捨て防止ポスター

町内会が初コンクール 社会

最優秀に柿生中・玉城さん

1月28日号

義経と弁慶が通った橋

記者まちかど探検

義経と弁慶が通った橋 文化

『鎌倉殿の13人』ゆかりの地〜前編

1月28日号

文化財守り、後世へ

文化財守り、後世へ 社会

白山神社で消防訓練

1月28日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月28日号

イベント中止・延期相次ぐ

イベント中止・延期相次ぐ 社会

コロナの感染拡大受け

1月28日号

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」 社会

2月12日 麻生区市民館で

1月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook