麻生区版 掲載号:2021年10月22日号 エリアトップへ

麻生と私 第7回 区制40周年プレ企画 楽しく安心なまちに 松本順子さん(48才)=金程在住

社会

掲載号:2021年10月22日号

  • LINE
  • hatena
「『しんゆり』の知名度が高くなったことにも驚きます」と松本さん
「『しんゆり』の知名度が高くなったことにも驚きます」と松本さん

 父親が始め、けん玉やこまなど木地玩具の製造・卸売を手がける博進社(千代ヶ丘)に、7年前から夫とともに加わる。会社は今年、創業50年を迎えた。

 幼少期を過ごした細山は「野山を駆けめぐる」という表現がぴったりな「ほんとに田舎」。戸建ての家が増え、人口が増えていくのを肌で感じた。金程中は1期生。制服や体操着は、自分たちでデザインを選んだ。

 小学生のときに麻生区が誕生し、新百合ヶ丘駅前の一帯にレンガ造りの区役所や麻生市民館、消防署ができた。「それまで用があれば向ヶ丘遊園駅の多摩区役所に訪れていたのが、『近くに新しい区役所ができた!』としばらく新鮮なイメージだった」と懐かしむ。

 社会人になって故郷を離れたが、子どもが小学生になったタイミングで実家の近くに戻ってきた。子どもは転校生という立場だったが「周囲のお母さんたちがあたたかくて、都内とも違う雰囲気」と感じた。

 博進社は親の代で閉じるという話もあがったが「ずっと見ていて馴染みのある商品がなくなるのはもったいない」と継ぐことを決めた。川崎市のロゴマークをモチーフにしたこまは、「自分が会社に入ってから初めて形になったもの」と思い出深い商品だ。

 10年後を目標に、多様なつながりや居場所のあるまちを目指す「あさお希望のシナリオプロジェクト」に参加する。活動の中で「地域ってなんだろう」と考える機会も増えた。大切だと感じるのは「ゆるっとつながっていること」。高齢化が進む麻生区。10年後のまちは「楽しく安心して暮らせるように、歩いていける範囲で満たされる、顔見知りのほどよい関係が必要だと思う」。住民目線で見守る。

45年ほど前の細山で遊ぶ松本さん(中央)=本人提供
45年ほど前の細山で遊ぶ松本さん(中央)=本人提供

麻生区版のローカルニュース最新6

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を 社会

2月3日 研修会参加者募集

1月14日号

区内各所で「どんど焼き」

区内各所で「どんど焼き」 社会

小正月の伝統行事

1月14日号

サッカーは全国ベスト8

桐光学園

サッカーは全国ベスト8 スポーツ

接戦勝ち上がり奮闘

1月14日号

子ども会作品一堂に

子ども会作品一堂に 文化

15日から区役所、市民館

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 社会

福田市長が新年の辞

1月14日号

気候危機を考える

気候危機を考える 社会

2月 区役所で講演会

1月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook