麻生区版 掲載号:2021年10月29日号 エリアトップへ

虹ヶ丘小5・6年生 最新技術「ドローン」を体験 プログラミング授業で

教育

掲載号:2021年10月29日号

  • LINE
  • hatena
ドローンを操縦する児童たち
ドローンを操縦する児童たち

 市立虹ヶ丘小学校(今野忠校長)で10月22日、ドローンを使ったプログラミングの体験授業が行われた。民間企業の協力で、5・6年生55人がドローンの遠隔操作による空撮、プログラムの設定などを体験。水谷峰幸教頭は「児童が新しい技術を体験できて良い経験になった」と話す。

 論理的思考能力を養うために、昨年から小学校で必修化されたプログラミング授業。同校に協力したのは、FPV ROBOTICS(株)(東京都港区、駒形政樹代表取締役)。同社は、文科省などが立ち上げた「未来の学びコンソーシアム」に参画し、2016年から全国でドローンを使ったプログラミング体験授業を実施している。同社が川崎市で授業を行うのは今回が初。

 最初に、各学年2人が約30センチのドローンの遠隔操作に挑戦。ドローンを体育館の中から操作し、校庭で高さ60メートルまで飛ばして空撮を体験した。体育館のスクリーンに自分たちの住む街が映し出されると子どもたちから「家だ」「早野広い」などと歓声があがった。

 プログラミングとマニュアル飛行操縦は、各学年に分かれて体験。プログラミングは、同社が設計したシステムを活用して、班ごとに飛行時間を設定し、バーを超えて着陸するまでをいかに早くクリアするかのゲーム形式で行われた。何度も設定を繰り返しながら、高得点に挑んだ。飛行操縦は、スマートフォンをコントローラーに、一人ひとりが悪戦苦闘しながらも操縦を体験した。

 5年生の山本梨央さんは「どれくらい進むか考え、改善しながらできた」と話し、吉垣晃平さんは「あの高さからみるとまちが小さく見えて驚いた」と初めての体験に満足していた。

 水谷教頭は「プログラムを組んで、トライアンドエラーを繰り返すことが学び。こうした最新技術にふれる機会は少ないので、また企画していきたい」と話した。

タブレットでプログラムを設定
タブレットでプログラムを設定

麻生区版のトップニュース最新6

文科大臣表彰を受賞

アンサンブル麻生

文科大臣表彰を受賞 社会

障害者の学習支援が評価

1月21日号

認知症対応の5店表彰

麻生区

認知症対応の5店表彰 社会

詳細を動画で公開

1月21日号

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

防犯パトで地域安全を

防犯パトで地域安全を

2月3日 研修会参加者募集

2月3日~2月3日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook