麻生区版 掲載号:2021年11月5日号 エリアトップへ

「税を考える週間」キャンペーンを行う川崎西税務署の署長を務める 石本 力さん 麻生区在勤 59歳

掲載号:2021年11月5日号

  • LINE
  • hatena

自ら模範で示す姿勢

 ○…宮崎県への出向を経て、今年7月に署長に就任。管轄エリアの麻生区や多摩区での勤務は初めてで、「落ち着いていてハイソなまち」と印象を語る。今月11日から17日までは「税を考える週間」。地域の税務関係6団体と協力し、商店に対して消費税完納を呼びかけるキャンペーンなどを実施する。「取り組みは地道な継続が大切だと思う。租税教育も含め、暮らしに関わる税について浸透させていきたい」と柔和な表情で語る。

 ○…福井県出身。上京の気持ちが強く、都内の大学と同時に合格したのが東京国税局の職員だった。40年を超えるキャリアの半分以上は、国税局調査部で大企業の税務調査を担当。希望して異動した「花形部署」での日々は「対象企業の社員になったような疑似体験ができ、社会人として勉強になった」と振り返る。国の収入に直接関われる仕事の規模もやりがいに感じる経験だった。

 ○…趣味のひとつが映画鑑賞。「映画は劇場で見るもの」が信条で、ジャンル問わず1年で200本見ることを目標にしている。今年は「目標の半分」と苦笑するも、心待ちにしていた『007』の新作など、感想は語り始めると止まらない。「映画のまち」しんゆりの映画館で鑑賞することも楽しみだ。

 ○…尊敬する上司が言っていた「率先垂範」は自身の座右の銘でもある。人の先頭に立って物事を行い、模範を示すこと、という意味。「自分でやって当然の雑務は人に任せない」とリーダーとしての姿勢を語る。93人の署員には「納税者の信頼を損なわないように、一人ひとり意識して動いてもらいたい」と願う。川崎北部は相続税を納める対象の人が多いエリア。「気軽に相談できる税務署でありたい」と寄り添う姿を見せる。

麻生区版の人物風土記最新6

金森 忠一さん

ASAO健康井戸端会議の議長を務める

金森 忠一さん

金程在住 80歳

1月28日号

森 光彦さん

1月28日に恒例の「だるま市」が行われる、麻生不動院の住職

森 光彦さん

王禅寺在住 49歳

1月21日号

石井 智亮(ともあき)さん

三菱重工相模原ダイナボアーズの中心選手として新リーグで戦う 活躍誓うスクラムの職人

石井 智亮(ともあき)さん

岡上出身 26歳

1月14日号

神園 佳昌(よしあき)さん

川崎青年会議所(JC)の第72代理事長に就任した

神園 佳昌(よしあき)さん

幸区在住 35歳

1月7日号

佐藤 彩夏(さいか)さん

バドミントン神奈川県新人大会シングル、学校対抗で優勝した

佐藤 彩夏(さいか)さん

上麻生在住 17歳

1月1日号

橋村 あいさん

しんゆり交流空間リリオスの「ホッと・コンサート」に出演する打楽器奏者の

橋村 あいさん

下麻生在住 29歳

12月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

講演会「認知症に備える」

講演会「認知症に備える」

2月12日 麻生区市民館で

2月12日~2月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook