麻生区版 掲載号:2021年11月19日号 エリアトップへ

来年1月の川崎市「成人の日を祝うつどい」のポスターデザインに選ばれた 白川 雛吏(ひより)さん はるひ野在住 20歳

掲載号:2021年11月19日号

  • LINE
  • hatena

絵に託す新成人の思い

 ○...大学の夏休みを使って描いた作品が、来年1月に行われる成人式のポスターデザインに選ばれた。紅白の色使いに「いろんな体格、服装の参加者を意識した」という1枚。式に参加する新成人として「成人式に振袖を着るべきなのか」と疑問を抱いたことが反映されている。「女子がスーツを着てもいいし、好きな格好で自分らしくいられるのが"川崎らしさ"でもあると思う」。元気で明るく、多様な姿を望む思いを表現した。

 ○...「生まれたときから絵を描いている」と語るほど、人生は絵と共にある。はるひ野小時代は、授業をきっかけに風景画に開眼。はるひ野中は美術部、高校では「漫画ファンクラブ」に所属し、まんが甲子園への挑戦や部誌づくりに情熱を注いだ。文化祭のポスターを手がけたことや大学で学ぶ広告など、これまでの積み重ねが今回のデザイン制作に生きた。「遠くからでも何を表している絵かわかるように、はっきりした色や線を太くするようにした」と工夫を語る。

 ○...筋トレや運動が好きな一面も。はるひ野の公園や住宅街を走っていると「鳥の声が聞こえたり、季節の花を見つけたり。景色を感じながら走るのが気持ちいい」。川崎市の最高峰「諏訪ヶ岳」で気分転換することもあり「麻生区も川崎も好き」と、地元愛は強い。清掃活動等で地域に還元できればと考える。

 ○...悩んだ成人式の服装は振袖を着ることに決めた。いつも絵を描くことを応援してくれている両親に「成長した姿を見せることで、恩返しになれば」という思いからだ。そんな家族と一緒にお酒を飲めるようになり、新成人になったと実感。大人の仲間入りを果たし「一歩一歩、できることを確実に増やしていきたい」と決意する。

麻生区版の人物風土記最新6

成澤 布美子さん

人形劇、児童劇などを公演する「あらら企画」代表の

成澤 布美子さん

高石在住 57歳

8月12日号

梶 稔さん

6月28日付で、セレサ川崎農業協同組合の代表理事組合長に就任した

梶 稔さん

岡上在住 66歳

8月5日号

本多 夏萌(なつめ)さん

「あさお希望のシナリオ実行委員会」の副実行委員長を務める

本多 夏萌(なつめ)さん

向原在住 22歳

7月29日号

瀬戸 豊彦さん

川崎市文化財団理事長に、先月就任した

瀬戸 豊彦さん

市内在勤 63歳

7月22日号

伊藤 道子さん

「岡の上カフェ」の発起人の1人で、民生委員・児童委員を務める

伊藤 道子さん

岡上在住 69歳

7月15日号

飯野 優子さん

市民団体「麻生プレーパークを創る会」の代表を務める

飯野 優子さん

細山在住 48歳

7月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook