麻生区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

区内火災件数 過去5年で最少 救急は前年比221件増

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2021年の市内火災・救急出動件数(速報値)を今月6日に発表。火災、救急出動ともに前年より増加する中、麻生区内の火災は19件(前年比14件減)で市内7区で最も少なく、救急出動件数は7225件(前年比221件増)だった。

 川崎市の出火件数は363件(前年比37件増)で、過去5年で最多。火災原因のうち、放火71件(同4件増)、たばこ51件(同2件増)、こんろ32件(同16件減)、電気機器32件(前年同)だった。放火が最も多い原因であったことから、市消防局は「家の周辺に燃えやすいものを置かない、ごみは決められた日の朝に出すなど『放火されない環境づくり』をお願いしたい」と語る。

 スマートフォンのバッテリーなどに使用されているリチウムイオン電池に関連する火災が17件発生。非純正品の使用や落下、外部からの衝撃などが原因で、「異常が生じた場合には、ただちに使用を中止してほしい」と呼びかける。

 麻生区内火災のおもな出火原因は放火3件、たばこ3件、電話・電灯等の配線3件だった。麻生消防署の担当者は「火災件数は少なくなっているが、今の時期は空気が乾燥するので、暖房器具からや料理中の着衣着火に気を付けてほしい」と話している。

ビルの検査を実施

 先月大阪市北区で発生したビル放火事件を受け、階段が一つしか設置されていないビルを対象に、市は緊急の立ち入り検査を実施。麻生区内では9件が対象だった。注意点として同担当は「階段部分に物品を置かないようにすること、ドアストッパーを置かず防火戸の機能を適正に管理すること」などを挙げる。

市内救急は約7万件 

 市内の救急件数は69883件(前年比2932件増)。約7分31秒に1件の割合で救急出動した。救急車の適正利用のため、24時間体制で医療機関を紹介する「川崎市救急医療情報センター」等の活用を市消防局は呼びかけている。

麻生区版のトップニュース最新6

特設サイトで事業PR

区制40周年

特設サイトで事業PR 社会

イベント概要を順次発信

5月20日号

麻生区の充足率、8割弱

民生委員児童委員

麻生区の充足率、8割弱 社会

12月の改選へ、広報強化

5月20日号

自治会用SNSを試行

川崎市・小田急電鉄

自治会用SNSを試行 社会

区内5団体 10月末まで

5月13日号

区内医師「意識変化に期待」

不妊治療保険適用拡大

区内医師「意識変化に期待」 社会

4月から 専門家への相談増

5月13日号

県ゴルフ大会で優勝

下麻生在住西田さん

県ゴルフ大会で優勝 スポーツ

70歳以上の部 最多3度目

5月6日号

2団体が国交大臣表彰

2団体が国交大臣表彰 社会

「みどりの愛護」功労者で

5月6日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

風景や花の水彩画

風景や花の水彩画

岡田ユキオさん作品展

5月19日~5月24日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook