麻生区版 掲載号:2022年1月14日号 エリアトップへ

区内火災件数 過去5年で最少 救急は前年比221件増

社会

掲載号:2022年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は2021年の市内火災・救急出動件数(速報値)を今月6日に発表。火災、救急出動ともに前年より増加する中、麻生区内の火災は19件(前年比14件減)で市内7区で最も少なく、救急出動件数は7225件(前年比221件増)だった。

 川崎市の出火件数は363件(前年比37件増)で、過去5年で最多。火災原因のうち、放火71件(同4件増)、たばこ51件(同2件増)、こんろ32件(同16件減)、電気機器32件(前年同)だった。放火が最も多い原因であったことから、市消防局は「家の周辺に燃えやすいものを置かない、ごみは決められた日の朝に出すなど『放火されない環境づくり』をお願いしたい」と語る。

 スマートフォンのバッテリーなどに使用されているリチウムイオン電池に関連する火災が17件発生。非純正品の使用や落下、外部からの衝撃などが原因で、「異常が生じた場合には、ただちに使用を中止してほしい」と呼びかける。

 麻生区内火災のおもな出火原因は放火3件、たばこ3件、電話・電灯等の配線3件だった。麻生消防署の担当者は「火災件数は少なくなっているが、今の時期は空気が乾燥するので、暖房器具からや料理中の着衣着火に気を付けてほしい」と話している。

ビルの検査を実施

 先月大阪市北区で発生したビル放火事件を受け、階段が一つしか設置されていないビルを対象に、市は緊急の立ち入り検査を実施。麻生区内では9件が対象だった。注意点として同担当は「階段部分に物品を置かないようにすること、ドアストッパーを置かず防火戸の機能を適正に管理すること」などを挙げる。

市内救急は約7万件 

 市内の救急件数は69883件(前年比2932件増)。約7分31秒に1件の割合で救急出動した。救急車の適正利用のため、24時間体制で医療機関を紹介する「川崎市救急医療情報センター」等の活用を市消防局は呼びかけている。

麻生区版のトップニュース最新6

野菜絵本で「農育」

岡上アグリ・リゾート

野菜絵本で「農育」 教育

区内84カ所に寄贈

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

片平川で「ご近所アート」

市民団体

片平川で「ご近所アート」 文化

遊歩道に展示場所誕生

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

南口側にテニス練習場

新百合ヶ丘

南口側にテニス練習場 社会

住宅展示場の跡地に

6月10日号

道路脇に特定外来生物

区内各所

道路脇に特定外来生物 社会

市「持ち帰らないで」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区の花「ヤマユリ」紹介

区の花「ヤマユリ」紹介

麻生市民館で展示会

7月1日~7月6日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook