麻生区版 掲載号:2022年1月21日号 エリアトップへ

安全見守る、色あせた「看板」 35年前設置 通行者へ訴え

文化

掲載号:2022年1月21日号

  • LINE
  • hatena
色あせ、ツタが絡まる看板
色あせ、ツタが絡まる看板

 万福寺王禅寺線「山口台公園東」交差点から、上麻生314号線を通り下麻生方面に向かうトンネルの入り口に、「この先 交差点あり 麻生警察署」とドライバーに注意を促す看板が設置されている。「今なお残る、人々の安全を守った看板を多くの人に知ってほしい」と話すのは、白山在住の大橋健一さん(93)だ。

 このトンネルは「日光隧道(ずいどう)」という名で、上は尻手黒川線が通っている。「山口台公園東」交差点から、なだらかな下り坂が続き、トンネルを超えるとカーブしており、見通しが悪い。現在はトンネルの先に信号機が設置されているが、道路の供用を開始した1987年4月当時はまだ信号機がなかったという。当時、近くに住み、仕事で毎日のように通っていたという大橋さんは「坂を下ると、突然に左から車が疾走してきたり、右から目の前を横切る自転車にヒヤリとしたことが度々あった」と危険性を感じていた。

 そこで、交通安全の活動をしていた友人を通じて、付近の略図と安全策の実施を、同年にできたばかりの麻生警察署に提言・陳情した。すると、すぐに青の鮮やかな看板が設置された。「その素早い警察署の動きに驚き、感謝して、友人を通じてお礼を伝えた」と話す。その後、しばらくして信号機が設置されたという。

 先日外出先から戻る際に、車窓から看板を久しぶりに見た大橋さん。「役目を終えたせいか、歳月を経て、疲れ、色あせたようで寂しそうだった」と、沿道のツタが絡まる看板に思いを馳せる。

 それでも「『あの看板のおかげで事故から免れた人は大勢いたと思うよ』と友人から過ぎた褒め言葉をもらった。すぐに行動してくれた警察署、交通安全担当の警察官にとって、35年経った今も『光輝く勲章』だと思う」と感謝の意を示す。続けて「信号が設置されるまでの間に、この看板が役目を果たした功績は大きかったと思う」と話した。

トンネルの入り口に設置されている
トンネルの入り口に設置されている

麻生区版のローカルニュース最新6

4部が関東大会に出場

桐光学園

4部が関東大会に出場 スポーツ

サッカー、野球は県制覇

5月20日号

アイルランドの名作上演

アイルランドの名作上演 文化

劇団民藝『ルナサに踊る』

5月20日号

1年半の成果を披露

1年半の成果を披露 文化

しまりすアートが作品展

5月20日号

まちの地道な活動に光

春の叙勲・褒章

まちの地道な活動に光 社会

麻生区内8人が受章

5月20日号

楽しみながら防災知識を

楽しみながら防災知識を 社会

6月4日 四ツ田緑地で

5月20日号

「音楽のまち」から、世界へ

かわさきピアノコンクール

「音楽のまち」から、世界へ 文化

2年目が始動

5月20日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

屋台コーヒーで交流

屋台コーヒーで交流

百合丘地域包括ら企画

5月27日~5月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook