麻生区版 掲載号:2022年1月28日号 エリアトップへ

文化財守り、後世へ 白山神社で消防訓練

社会

掲載号:2022年1月28日号

  • LINE
  • hatena

 麻生消防署(秋葉達也署長)は1月19日、「文化財防火デー」に合わせて、市指定文化財がある白山神社で消防訓練を行った。

 1949年1月26日に、法隆寺(奈良県)金堂壁画が火災によって焼損したことを受けて、現在の文化庁、消防庁が1月26日を「文化財防火デー」に制定。この日に合わせて、文化財を火災等の災害から守るため、毎年、全国で消防訓練が行われている。

 白山神社で実施するのは、2019年以来、3年ぶり。今回は、同署、麻生消防団、神社関係者が28人が参加した。訓練は、火災を想定し、関係者が119番通報を行い、荷物を搬出。その後、消防署員による放水までを行った。秋葉署長は「文化財を守るためには、消防機関だけではなく、多くの方の協力が不可欠。今回の訓練をきっかけに文化財の愛護に関心を持ち、防火防災に取り組んでほしい」と区民に呼び掛けた。

江戸時代創設の本殿

 白山神社は、旧王禅寺村眞福寺谷の鎮守で、1706年(宝永3年)の王禅寺村絵図にその名があるため、江戸時代初期には創立していたとされるが、詳細は不明。

 同神社にある指定文化財は、江戸時代の1851年(嘉永4年)に完成した本殿。小規模な総欅・素木(しらき)造りの建物で、向拝柱(ごはいばしら)・木鼻などには躍動的な獅子や龍など多彩な彫刻装飾が施されている。幕末期の特徴をよく示しているとして、1996年に市重要歴史記念物に指定された。普段は非公開で、正月や例大祭などの祈祷時のみ、見ることができるという。

 同神社の池田貞明宮司は「文化財を後世に伝えていくことが神社の大切な使命。そのためにも我々だけでは難しく、消防署、消防団の協力があってできるので、心強く、感謝している」と今回の訓練を振り返った。

麻生区版のローカルニュース最新6

3年ぶり夏休み親子教室

麻生区文化協会

3年ぶり夏休み親子教室 文化

劇団民藝のWS(ワークショップ)など

7月1日号

黒田雅之選手が引退表明

区内勤務

黒田雅之選手が引退表明 スポーツ

元日本2階級制覇 感謝表す

7月1日号

自分ノートで不安解消

自分ノートで不安解消 社会

「支え合い広場」でWS(ワークショップ)

7月1日号

地産油で料理教室

地産油で料理教室 文化

7月25日 親子対象

7月1日号

今年は「写真」で認知症啓発

今年は「写真」で認知症啓発 社会

RUNTOMO+あさお

7月1日号

高校の相談と支援

高校の相談と支援 教育

20日、保護者向け講座

7月1日号

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区の花「ヤマユリ」紹介

区の花「ヤマユリ」紹介

麻生市民館で展示会

7月1日~7月6日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook