麻生区版 掲載号:2022年5月6日号 エリアトップへ

下麻生在住西田さん 県ゴルフ大会で優勝 70歳以上の部 最多3度目

スポーツ

掲載号:2022年5月6日号

  • LINE
  • hatena
スイングを見せる西田さん
スイングを見せる西田さん

 神奈川アマチュアゴルフ選手権、グランドシニア男子(70歳以上)の部が4月19日に藤沢市で行われ、下麻生在住の西田豊明さん(74)が優勝をした。西田さんはパー70の18ホールで、合計スコア72を記録。同部3度目の優勝で、大会最多。次は6月に行われる関東大会に出場する。

 89選手が出場した同大会。西田さんは「前半の調子が良かった」と振り返り、1番、2番ホールで連続バーディー。9番ホールまでを2アンダーで終えた。後半はOBもあったが安定したプレーを続け、1位に輝いた。過去2度の優勝を経験し「出場するからには狙っていたが、3度も優勝できるとは上出来もいいところ」と喜ぶ。

 年齢以下のスコアで18ホールを回る「エイジシュート」も同時に達成した。エイジシュートは今年に入って3回目。西田さんは「年齢関係なくできるのがゴルフの魅力。いい趣味を持った」と笑顔を見せる。

元ソフトテニス選手

 西田さんはソフトテニスの元日本代表選手。1975年の世界選手権では個人と団体で優勝し、全日本チームの監督や日本体育大学教授として、後進の指導にあたった。

 ゴルフはソフトテニスの関係者に誘われ20代で始めた。初ラウンドは、優勝したソフトテニスの世界選手権が行われたハワイ。「大会が終わった後に行って。まっすぐに、すごく距離が飛んだ」と懐かしむ。

 ゴルフ歴は45年以上だが、外部の大会に出場するようになったのは50歳を過ぎてから。約10年前にはベストスコア66を記録した。67歳の定年退職でテニスは辞め、打ちっぱなし練習場に週3、4回通い、週1回はラウンドを回る、ゴルフ漬けの生活を送る。平均スコアは80を切るという。

 得意とするのはアプローチ。「年齢を重ねるとともに飛距離が出にくくなる。小技で、どうパーにできるか考えるのも楽しい」とにやり。ソフトテニスで培った筋力に加え、練習と近所の散歩を欠かさないことが体力維持の秘訣だ。

 目標は全日本グランドシニア大会に毎年出場すること。6月には、全国大会にもつながる関東大会が控える。「全国に出るためにも関東で5位以内入賞を目指し、得意のアプローチで頑張りたい」と意気込む。

麻生区版のトップニュース最新6

野菜絵本で「農育」

岡上アグリ・リゾート

野菜絵本で「農育」 教育

区内84カ所に寄贈

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 経済

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

片平川で「ご近所アート」

市民団体

片平川で「ご近所アート」 文化

遊歩道に展示場所誕生

6月17日号

相談・通告5年で倍に

川崎市内児童虐待

相談・通告5年で倍に 教育

5832件、増加率は低下

6月17日号

南口側にテニス練習場

新百合ヶ丘

南口側にテニス練習場 社会

住宅展示場の跡地に

6月10日号

道路脇に特定外来生物

区内各所

道路脇に特定外来生物 社会

市「持ち帰らないで」

6月10日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月17日0:00更新

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

心に響くシャンソンを

心に響くシャンソンを

市民サークルが発表会

6月29日~6月29日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook