麻生区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

区内勤務 黒田雅之選手が引退表明 元日本2階級制覇 感謝表す

スポーツ

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
新田ジムで本紙の取材に応じた黒田選手
新田ジムで本紙の取材に応じた黒田選手

 訪問介護サービスや小規模多機能施設等を手掛ける(株)SOERUTE(高石)に勤務する、登戸・川崎新田ボクシングジムの元日本ライトフライ級、フライ級2階級制覇王者・黒田雅之選手(35)が6月16日、現役引退を表明。翌日、本紙に心境を語った。

 2020年10月、現バンタム級世界3団体統一王者の井上尚弥選手とのスパーリングで、左肘の腱を断裂。手術を経て、今年1月に再起戦を戦ったが判定で敗れた。けがは完治せず、「ボクシングにしがみつきたくない。これ以上やると縛られてしまう」と打ち明けた。「お疲れさま」「もったいない」と各方面から声が寄せられ、「リアクションをしてもらえる選手でいられたのは幸せ。17年間、地域の方々に支えてもらった」と感謝をにじませた。

 黒田選手は2005年5月にプロデビュー。11年に日本ライトフライ級、17年に同フライ級王座を獲得し2階級を制覇した。19年には、13年以来2回目となる世界挑戦で、IBF世界フライ級王者のモルティ・ムザラネ選手(南アフリカ)に挑んだが、判定で涙をのんだ。この日、後楽園ホールには約2千人が詰めかけ、福田紀彦川崎市長をはじめ多くの地元関係者が応援。観戦した(株)SOERUTEの山上剛史代表取締役は「いつもの優しい彼ではなく、ファイターだった。無形のパワー、勇気をもらった。次の夢を引き続き応援していきたい」とその雄姿を惜しんだ。

 2年前、川崎市の「働き方改革モデル事業」に採用されたインターンシップを通じて、介護の現場を体験。「子どもから高齢者まで運動を通じて笑顔にしたい」と考えていた黒田選手は、正社員として同社に就職。施設利用者の体操の指導や入浴介助などを担当し、引退後も同社で勤務を続ける。黒田選手は「スポーツを通じて、老若男女問わず皆さんを幸せにしたい」と夢を誓った。

麻生区版のローカルニュース最新6

修復完了作品 初上映へ

【Web限定記事】

修復完了作品 初上映へ 文化

9月2日 多摩市民館で

8月12日号

「教室シェア」意見募集

【Web限定記事】川崎市教委

「教室シェア」意見募集 社会

年内実施へ向け

8月12日号

撮影裏話と思いを明かす

撮影裏話と思いを明かす 文化

「ゆめパ」映画監督が登壇

8月12日号

英国ドラマと紅茶の入れ方

英国ドラマと紅茶の入れ方 文化

9月リリオスで講座

8月12日号

麻生のエールを川崎Fに

アシストクラブ

麻生のエールを川崎Fに スポーツ

9月10日 等々力で観戦企画

8月12日号

市民団体とコラボ

希望のシナリオ

市民団体とコラボ 社会

「地域の相談窓口」開催

8月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook