麻生区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

桐光学園競技かるた部 創部初 全国選手権へ 聖地・近江神宮で挑む

文化

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
瞬時に札に手を伸ばす大会メンバー
瞬時に札に手を伸ばす大会メンバー

 桐光学園(栗木)の競技かるた部が、7月23日に近江神宮(滋賀県)などで行われる「第44回全国高校小倉百人一首かるた選手権大会」の団体戦に出場する。5月に行われた県予選で準優勝し、創部7年目で初の全国団体戦出場を掴んだ。優勝を目指し、部員は日々練習に励んでいる。

 競技かるたは、小倉百人一首を使い1対1で行う。100枚から無作為に選んだ25枚を自陣の持ち札として、読手が読み上げる札を取りあい、早く持ち札がなくなったほうが勝利となる。札の配置を覚える暗記力や、早く札を取る瞬発力などが求められる。

 高校選手権の団体戦の試合は、5人がそれぞれ同時に勝負し、3勝した方が勝つ。

 優勝校と準優勝校が全国への切符をつかめる県予選で、桐光学園は優勝決定戦に進むも、横浜平沼に敗れてしまう。2位決定戦にまわり、相手の平塚江南に2勝。あと1本という局面で、高橋玲唯部長(2年)は「すでに読まれた札がわからなくなり、まわりが見えなくなった」とプレッシャーを感じていた。他の部員が「勝ってくれると思っていた」と見守る中、勝負を決め、創部以来の悲願を達成。全国が決まった瞬間、高橋部長は感極まり、「思わず泣いてしまった」と振り返る。

 2016年に創部し、部員数は現在、中学生と高校生あわせて48人。畳の上で試合形式の練習を重ねるほか、1試合90分かかることもある試合を意識した体幹や筋力のトレーニングなど、体力づくりにも励む。

「チームで勝つ意識を」

 全国大会を前にセレクションが行われ、予選と異なるメンバーが出場することになるほど、実力者が揃う。一方、メンバーが共有する課題は選手間のコミュニケーションだ。三室明衣里さん(2年)は「普段は個人で勝つ意識が強いが、チームで戦って勝たなければならない」と語る。練習では本番に備えて「落ち着いて」「次取れるよ」など励ます気持ちを込めながらアイコンタクトを取り合い、仲間で戦う意識を強めている。

 毎年名人戦やクイーン戦が行われる「かるたの聖地」が全国の舞台。高橋部長は「目指すは優勝」と力強く語る。

競技かるた部
競技かるた部

麻生区版のトップニュース最新6

親子応援に25組協力

あさお子育てフェスタ

親子応援に25組協力 社会

9月 3年ぶり開催へ

8月12日号

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

服交換で廃棄減へ

下麻生スタジオ

服交換で廃棄減へ 社会

児童らがモデルに挑戦

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

バトン世界選手権へ

麻生中3年川口さん

バトン世界選手権へ スポーツ

来月2日から伊で開催

7月29日号

初の広報文コンクール

麻生警察署

初の広報文コンクール 社会

34作品の音声録音、放送へ

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

パラ競技「ボッチャ」を体験

パラ競技「ボッチャ」を体験

岡上こども文化センター

8月27日~8月27日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook