川崎区版

消費者の相談統計

「出会い系」苦情増加

PCや携帯サービスが件数トップ

掲載号:2011年1月28日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 川崎市消費者行政センターが19日、個人の消費者から寄せられた商品やサービスに関する苦情相談の件数などをまとめた「平成22年度上半期消費生活談統計」を発表した。

 資料によると、4月から9月に行政センターに寄せられた相談件数は3838件で前年同期に比べて3・6%の増加があったという。ここ数年減少傾向にあった相談件数が増加した主な原因として、同センターの認知度が上がったことや今年1月から運用が始まった消費者ホットラインの普及により相談しやすい体制が整ったことを挙げている。

 相談の内訳は「苦情」が3480件、「問合せ等」が358件だった。 

 年代別では30歳代が1番多く、次いで40歳代、70歳以上、20歳代となった。

 相談が最も多かった商品・サービスは、パソコンや携帯電話を使った「デジタルコンテンツ」で592件と70歳以上を除く全ての世代で1位となった。「出会い系サイトでメールのやり取りのために多額のポイントを使ったが、何度約束しても会えなかった」といった相談が多数寄せられたという。

 2位は不動産貸借で279件、3位がフリーローンやサラ金で123件だった。

 70歳以上では株と公社債の相談が増加しており、過去に未公開株などのトラブルに遭った人が再度被害に遭う「二次被害」が目立つという。市は電話番号表示や留守番電話の機能を使い、相手が誰かを確認してから応対するよう注意を呼びかけている。

 内容別に分類すると、契約・解約に関する相談が2548件、販売方法が1750件、価格・料金が892件だった。

 契約購入金額の平均額は、136万2914円だった。最高額は「執拗に勧められたFX取引(外国為替証拠金取引)で大きな損失を出してしまった」という相談で9551万1260円だった。

関連記事powered by weblio


川崎区版のローカルニュース最新6件

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

第11回楽大師

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

4月10日号

館長退任前に最終講演

12日、投開票

統一地方選

12日、投開票

4月10日号

副会頭に加治氏

副会頭に加治氏

4月10日号

押し花の奥深さ堪能

初級簿記の講習会

川崎区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク