川崎区版

4月に第16代幸消防署長に着任した

築紫(つくし)正義(まさよし)さん

茨城県在住 59歳

掲載号:2011年5月5日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

区民に親しまれる消防署に

 ○…137人の署員を抱える幸消防署長に着任して1ヵ月。幸消防署への赴任は21年ぶりだ。幸区はJR川崎駅西口周辺の開発をはじめ、工場跡地に高層マンションが建ち並び、消防士長として勤務した当時と街なみが変わった。時代に適した消火活動が求められる地域でもあり「身が引き締まる思い」と話す。署員にはコミュニケーションの重要性を説き、個々の能力を最大限に活かせるような指導に力を注ぐ。「市民の為になることはどんどん取り入れたい。その為のアイディアをみんなで出し合える。そんな風通しのいい署にしていきたい」

 ○…昭和50年に入庁。臨港消防署を振り出しに消防局警防部指令課などを歴任。高津消防署と臨港消防署では副署長を務めた。中でも119番通報を受信する指令課時代には、市民からの助けを求める多くの通報を受け「最後のよりどころということを実感した」という。その中には本来の消防業務以外の通報もあったが「何とかしてあげたい」との思いから対応した。119番の適正利用を訴える一方、地域防災力を向上させることに対しては、「消防という枠組みにとらわれず、できる限り対応したい。まずは署に相談して欲しい」と話す。

 ○…実は資格マニア。エネルギー管理士や電気工事士、小型船舶免許など15以上の資格を持つ。「何事もチャレンジすることが好き。自分を高めるため今後も色々な資格に挑戦したい」と話す。またツーリングが好きというアクティブな一面も。

 ○…東日本大震災により、防災関係機関への重要性がクローズアップされている中「区民が安全して暮らせる街を目指し、区役所や警察署、企業や各種関係団体と連携を強化し、イベントなどを通じ、地域防災力をアップしていきたい」と意気込む。今後も地域との距離を縮め、身近で親しまれる消防署を目指すことに力を尽くす。
 

関連記事powered by weblio


福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区版の人物風土記最新6件

森 明弘さん

「第11回かわさき楽大師」実行委員会の総務担当として運営の中核を担う

森 明弘さん

4月10日号

坂入 健司郎さん

かわさき産業親善大使に任命された指揮者

坂入 健司郎さん

4月3日号

鳴海 達之さん

川崎警察署長に就任した

鳴海 達之さん

3月27日号

島村艶子(つやこ)さん

福島支援のため幸区に「相馬どんこの会」を立ち上げ、朗読会で福島の民話を披露する

島村艶子(つやこ)さん

3月20日号

やしろ 優さん

川崎フロンターレのホーム開幕戦で始球式のキッカーを務める

やしろ 優さん

3月13日号

小笠原 功さん

ミューザ川崎で開催中の「市民愛蔵品・芸術作品展」に尽力する

小笠原 功さん

3月6日号

川崎区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク