川崎区版

市上下水道局

清浄な水道水を確保

乳児のいる家庭への対策として

掲載号:2011年5月5日号

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 災害時の備えに飲料水の備蓄を呼びかけている川崎市上下水道局では、乳児のいる家庭への対応として、常時3基の災害対策用貯水槽(100㎥)を有効活用し、300㎥(2リットルペットボトル15万本分)の清浄な水道水を確保する。

 また、市内3ヵ所(多摩区・宮前区)の浄水場で先月22日から行っている水道水の放射能検査の結果はほぼ不検出で安全となっているが、同局によると今後、市内で水道水に放射性ヨウ素100Bq/kg以上が検出された場合、各区に車載用給水タンクを配置し、事前に確保した清浄な水道水を乳児のいる家庭に配布できる給水所を開設する予定だという。給水所での予定配布量は乳児一人当たり6リットル程度まで(乳児1日2リットル×3日分)。

 問い合わせは市上下水道局水道部管理課(【電話】044・200・3146)または市災害対策本部事務局(【電話】044・200・2890)へ。
 

関連記事powered by weblio


福祉クラブ生協が働く仲間募集中

幸区内の7つの職場で家事・介護・車での移動サービスなど有償ボランティアも募集

https://rarea.events/event/102062

<PR>

川崎区版のローカルニュース最新6件

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

第11回楽大師

御詠歌で蘇るかつてのにぎわい

4月10日号

館長退任前に最終講演

12日、投開票

統一地方選

12日、投開票

4月10日号

副会頭に加治氏

副会頭に加治氏

4月10日号

押し花の奥深さ堪能

初級簿記の講習会

川崎区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

  • 8月11日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク