川崎区・幸区版 掲載号:2011年12月16日号
  • googleplus
  • LINE

マイコプラズマ肺炎 過去10年で 最大の流行か

 市内のマイコプラズマ肺炎発症の報告が9月以降、増加している。昨年は10月、11月それぞれ1件だったが、今年は9月に2件、10月5件、11月8件。12月も11日現在ですでに9件の報告が市にあった。

 この発症報告は感染動向を把握するための基幹定点としている市内2つの医療機関から寄せられた。

 マイコプラズマ肺炎は『肺炎マイコプラズマ』という細菌に感染することで起きる呼吸器感染症。5歳から12歳の子どもの肺炎の原因として多くみられる。秋から冬に多発する傾向がある。

 症状は発熱や全身の倦怠感、頭痛、痰を伴わない咳など。咳は発熱の後に出ることが多く、熱が下がってからも3〜4週間にわたって続くことがある。

 一般的に気管支炎程度ですむが、肺炎として重症化することもある。患者の咳のしぶきや接触によって感染するため、家庭や学校、会社等で広がる可能性がある。感染から発症までの潜伏期間が2週間から3週間と長いのも特徴。

 市では「予防はインフルエンザ等と同じ。手洗いやうがい等の対策を心がけて欲しい」と注意を促す。

 問い合わせは市健康福祉局健康安全室【電話】044・200・2412まで。
 

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

トップアスリートが講師に

富士通スタ

トップアスリートが講師に

山の神トークショーも

3月31日~3月31日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク