川崎区・幸区版 掲載号:2011年12月23日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県警 自主防犯組織を支援へ パトロールのノウハウなどアドバイス

地域のニーズに合わせた支援を行っている(先月中旬 なでしこ会とのパトロール)
地域のニーズに合わせた支援を行っている(先月中旬 なでしこ会とのパトロール)

 犯罪が起きにくいまちづくりを実現するため、神奈川県警が地域の自主防犯ボランティア組織のない地域やさらなる活性化を目指す防犯組織の支援に乗り出している。サポートを受けてボランティア団体からは「心強い」といった声が聞かれる。

 神奈川県警によると、県内の刑法犯認知件数は2002年が約19万件だったが、2010年には約9万3千件にまで減少した。防犯ボランティア活動の活発化により、犯罪や交通事故を許さない気運が高まったことが要因と同県警では分析する。こうしたことを受け、同県警では今年4月から県内各地の自主防犯組織に出向き、犯罪や交通事故の発生分析に基づくパトロールの時間帯や場所、方法などのアドバイスをおくっている。

 先月中旬には神奈川県警察生活安全対策室生活安全サポート班と川崎臨港警察署員が川崎区の「浜町2丁目なでしこ会」(渡辺八重子、高野武子会長)と合同パトロールを実施。「町内会の掲示板や落書き、ごみの多いところは地域力が弱いとみられ、犯罪が起きやすい」といったアドバイスを送った。

 これに対し、同会からは警察とのパトロールは初めてだったが「心強かった」といった声が聞かれた。

 同県警では「防犯組織と顔の見える関係作りの構築を目指している。ボランティア団体のスキルアップやモチベーションアップにつなげてもらいたい」とし、ニーズにあわせたアドバイスや支援をおくりたいとしている。

 自主防犯ボランティア組織の支援などに関する問い合わせは、ボランティアサポートダイヤル(【電話】045・662・5511)へ。
 

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

藤嶋氏が名誉市民に

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月16日号

気分はカー娘「そだねー」

人種差別に刑事罰を

市民団体

人種差別に刑事罰を

3月9日号

高齢化で70代1.4倍

民生委員

高齢化で70代1.4倍

3月2日号

創立120年、記念車両出発

京急電鉄

創立120年、記念車両出発

3月2日号

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

トップアスリートが講師に

富士通スタ

トップアスリートが講師に

山の神トークショーも

3月31日~3月31日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

お問い合わせ

外部リンク