川崎区・幸区版 掲載号:2013年2月22日号
  • googleplus
  • LINE

細密画で自然の魅力紹介 24日まで貝塚で作品展

虫眼鏡を手に作品を鑑賞するギャラリー(左が清田さん)
虫眼鏡を手に作品を鑑賞するギャラリー(左が清田さん)

 マッチ箱程度の大きさの画用紙に描かれたミニアチュール(細密画)と呼ばれる作品の展覧会が川崎区貝塚の「ギャラリーもり工房 静」で開かれている。

 幸区に在住する川崎市職員・清田陽助さんの作品で『多摩川』や『蔵王』などの自然風景の水彩画16点が展示されている。

 「ミニアチュールは小窓から覗くような世界に身を置くような感覚で楽しめる」と清田さん。また、里山ボランティアなどの活動を通じて美しいと思える風景を紹介していることから「自然とふれあう機会にしていただければ」とも語る。

 24日まで。午前10時から午後6時、最終日は正午まで。期間中は、同ギャラリー主宰の森さんらによる陶芸作品も展示されている。

 詳細については同ギャラリー(【電話】044・233・3676)。
 

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

0円で体験できます♪

有隣堂の音楽教室は「ドラム」「ピアノ」「ウェルネス」などの各コースをご用意!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/kawasaki/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク