川崎区・幸区版 掲載号:2013年4月12日号
  • googleplus
  • LINE

消防局 救急搬送に新システム 情報端末で病院を検索

救急車に取り付けられた端末を通じて、救急隊員が最新の情報を入力することができる
救急車に取り付けられた端末を通じて、救急隊員が最新の情報を入力することができる
 川崎市消防局は4月1日から、救急隊の搬送時間短縮のために新しいシステムの運用を始めた。患者の受け入れ可否などの情報を端末で確認し、効率的に搬送先の病院を選定できるという。

 現行の救急搬送では、消防署が朝夕の2回病院に電話で空き状況を確認し、その情報をもとに活動中の救急隊が搬送先の病院を決めていた。ただ、最新の情報を更新することができず、搬送する度に病院に確認を取っていたため、現場で滞在する時間が長くなる要因となっていた。

 川崎市は07年からの3年間、重症患者の救急搬送について「現場滞在時間30分以上」の割合が16%台で全国の政令市と東京23区の中でワースト1だった経緯がある。市は改善策に取り組み、12年には11・5%にまで下がったものの、13年は救急車出場件数が過去最多の62661件を記録した。

 こうした状況を踏まえ、今回導入されたのが「救急医療リアルタイム情報システム」。救急車に取り付けられたタッチパネル型の端末を通じて、最新の情報を確認できるようになった。救急隊が直接入力して情報を更新できるのが大きな特長。各病院に問い合わせた情報や現場で入手した情報を各救急隊が共有できるようになる。搬送履歴も確認できるので搬送の集中を防ぐこともできるという。

 市消防局によると、従来の電話連絡は継続する。患者がかかりつけ医や特定の病院を希望した場合は、システム上で搬送が不可能と判断されても電話連絡を入れて対応するとしている。市消防局の担当者は「まだ実際の使用件数は少ないが、パネル操作した実感としては待機時間短縮につながると思う。期待している」と話している。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

0円で体験できます♪

有隣堂の音楽教室は「ドラム」「ピアノ」「ウェルネス」などの各コースをご用意!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/kawasaki/

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6件

100歳間近、町内会組長を全う

市内4駅で道路整備

自転車安全対策

市内4駅で道路整備

3月30日号

部活指導員 6月に導入

市立中

部活指導員 6月に導入

3月23日号

名物おむすびはどっち?

レシピコン

名物おむすびはどっち?

3月23日号

藤嶋氏が名誉市民に

校内看護「やっと拡充」

医療的ケア児

校内看護「やっと拡充」

3月16日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク