川崎区・幸区版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

小学校で救急教室 川崎消防署が指導

救急隊員から止血方法などを学んだ
救急隊員から止血方法などを学んだ
 川崎消防署(山口高広署長)は、子どもたちに応急手当の基本的なスキルを身に付けてもらおうと先月31日、「かわきゅうスクール(救急教室)」を川崎区小田の小田小学校で行った。

 参加したのは同校の5、6年生195人。三角巾を使った止血方法やAEDの使い方などを救急隊員から学び、体験しながらやり方を確認し合った。

 児童からは「家族や友達が怪我した時に、今日学んだことをしてあげたい」などの声が上がっていた。

 催しを企画した川崎消防署の山口署長は「今回の救急教室が、人を助ける心を養うとともに、将来、地域防災の担い手として地域防災力の充実強化のきっかけとなれば」と話した。

 同講習会は、小田小学校を皮切りに、川崎消防署管内にある小学校7校でも随時開催していくという。

2つの選べるお葬式

火葬プラン15万円、家族葬プラン30万円

http://kgcms.co.jp/

0円で体験できます♪

有隣堂の音楽教室は「ドラム」「ピアノ」「ウェルネス」などの各コースをご用意!

http://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/kawasaki/

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

川崎区・幸区版の関連リンク

あっとほーむデスク

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

お問い合わせ

外部リンク