川崎区・幸区版 掲載号:2014年6月20日号 エリアトップへ

川崎商議所 元気な中小、条例で実現を 会議発足、来年2月に骨子案

経済

掲載号:2014年6月20日号

  • LINE
  • hatena
策定案に期待を示す福田市長(左)と山田会頭
策定案に期待を示す福田市長(左)と山田会頭

 川崎経済の活性化を実現させるための条例制定に向け、川崎商工会議所(山田長満会頭)は13日、「川崎市中小企業活性化成長戦略条例策定会議」を立ち上げた。委員は学識者のほか、業界団体や市民団体など約30人で構成。来年2月をめどに骨子案をまとめ、条例制定を検討する市に提出する。

 「企業は一粒の種から生まれる。種を蒔き、芽を出し、中小企業となり、中堅企業、そして大企業へと成長する。中央政府(国)、地方政府(自治体)が中小企業のそれぞれのステージで農業の精神でタイムリーに応援することは重要」。かねてから条例制定に意欲を見せていた山田会頭はその意義を訴える。今回の会議発足にあたっては「英知を結集して地域産業振興、地域経済活性化、日本経済活性化に貢献したい」と意欲的だ。

 条例制定は市議会でも取り上げられ、福田市長も検討を表明。制定に向けた機運が高まっていることから会議を発足させた。

 会議のメンバーには同商議所関係者や学識者、工業、商業、飲食業、ソフトウェア業、ベンチャー企業支援機関、地域金融機関、農業大学、市民代表、消費者団体が加わる。

 同様の条例は全国の自治体にもあり、神奈川県でも県、横浜、相模原、横須賀にある。一般的には公共事業における市内企業の優先的受注やベンチャー企業支援などが条例に盛り込まれると考えられる。ただ、今回のメンバーの構成から農業や商業市内の様々な産業の活性化も視野に入れているともみられる。

 初会合では座長に山田会頭を選び、副座長に魚津利興副会頭、平尾光司昭和女子大学学事顧問、朝比奈一郎中央大学客員教授の3氏を選出した。今後は2月までに4回の会合を開き、骨子案をまとめ、市に提出する。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

未着工で38億円支出増

川崎市新庁舎

未着工で38億円支出増 社会

完成予定、2023年に延期へ

12月13日号

自転車シェア導入検討

富士見公園

自転車シェア導入検討 社会

冒険遊び場も開設

12月13日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化 

12月6日号

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 文化

インバウンド効果に期待

12月6日号

一夜限りのスナック開店

個性豊か「ママ」3人

一夜限りのスナック開店 社会

12月7日  unicoで

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

川崎区から2人認定

かわさきマイスター

川崎区から2人認定 社会

小林さんと飯田さん

11月22日号

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

水彩画で見る川崎の変遷

水彩画で見る川崎の変遷

東海道かわさき宿交流館

12月10日~1月31日

川崎区・幸区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク