川崎区・幸区版 掲載号:2014年9月26日号 エリアトップへ

川崎、大田共同でちょい呑み 地域交流の深化と経済交流に期待

経済

掲載号:2014年9月26日号

  • LINE
  • hatena
ポスターとスタンプ帳でキャンペーンを呼びかける両自治体職員
ポスターとスタンプ帳でキャンペーンを呼びかける両自治体職員

 川崎市は大田区とタッグを組み、飲食店をはしごしてお酒や食事を楽しむ「大田・川崎ちょい呑みキャンペーン」を16日から展開している。11月30日まで行われ、両地域間の人の行き来と地域経済の活性を図りたいと、意気込む。

 両自治体は昨年4月、産業連携に関する基本協定を締結。これに基づき、両地域内にある店や事業所の商売が継続的に行われ、かつ、観光産業の活性化にもつながる事業を模索していた。こうした中、「チョイ呑み」は川崎、大田住民がそれぞれの地域を行き来し、経済活性につながると判断。第1弾のイベントとして行われることになった。

 キャンペーンには、川崎側8店、大田側17店の計25店舗が参加。焼き鳥、中華、寿司などジャンルは幅広い。「いずれも地域に根付き、レトロ感をイメージさせる店」とも川崎市の担当者は話す。 

 より多くの人に参加してもらうため、スタンプ帳を作成。期間中、参加店舗で提示するとドリンク1杯無料のサービスが受けられる特典や集めたスタンプ数に応じて賞品がもらえるサービスをつけた。現在、500円で一部を除いた参加店舗や川崎、大田の両観光協会などで販売している。川崎市によると、問い合わせが増えているほか、店によっては品切れになり、追加発注をかけているところもあるなど、関心は高まっている様子。

 関係者は「両地域はこれまで多摩川を挟んで交流が少なかったがイベントを機に、互いの距離が縮まってほしい」と期待を寄せる。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

小倉3部作で地域活性

商店街PRソング

小倉3部作で地域活性 社会

第1弾は6月5日披露

5月20日号

待機児童2年連続ゼロ

川崎市

待機児童2年連続ゼロ 社会

保留は4年連続減少

5月20日号

ヘイトクライム対策要望

ヘイトクライム対策要望 社会

ふれあい館館長ら、古川法相に

5月13日号

100周年へ会員増に意欲

沖縄県人会金城会長

100周年へ会員増に意欲 文化

運動、ライブなど交流事業再開へ

5月13日号

新しい福祉拠点始動

川崎区桜本

新しい福祉拠点始動 社会

「みんなの家」 孤立、貧困対策

5月6日号

防災訓練、若手参加へ一手

幸区

防災訓練、若手参加へ一手 社会

親子向け宿泊体験

5月6日号

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook