川崎区・幸区版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

橘樹官衙遺跡 市内初の国史跡指定へ 来年3月ごろを予定

文化

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena
橘樹官衙遺跡群の正倉跡(上)と影向寺遺跡出土瓦(市提供)
橘樹官衙遺跡群の正倉跡(上)と影向寺遺跡出土瓦(市提供)

 高津区千年と宮前区野川にまたがり、川崎の古代史を知る上で重要な遺跡とされる「橘樹官衙遺跡(たちばなかんがいせき)群」について、国の文化審議会は11月21日、新たな国史跡に指定するよう文部科学相に答申した。市によると、今回の答申の結果、来年3月ごろの官報告示により、市内初の国史跡として指定される予定という。

 橘樹官衙遺跡群は、古代武蔵国橘樹郡の役所跡「橘樹郡衙(ぐんが)跡」と、その西側に隣接する「影向寺(ようごうじ)遺跡」で構成される。広さは約1万2000平方メートル。11月現在、橘樹郡衙跡は畑と宅地、影向寺遺跡は同寺境内になっている。

 市によると、国史跡としては市内初、県内で58件目、全国で1746件目になる予定という。

 橘樹郡衙は奈良・平安時代の役所とみられる。1996年に行われた千年伊勢山台北遺跡の発掘調査で、東西に整然と並ぶ7棟の掘立柱建物跡が発見された。これらは稲などを保管するための正倉とみられ、その後の調査で7世紀後半から8世紀に造営、平安時代の9世紀中ごろに姿を消したことが明らかになった。

 一方、影向寺遺跡調査では、古代の影向寺が7世紀後半から8世紀前半の創建と推定。奈良時代の8世紀中ごろには金堂や伽藍が整備され、現在の南関東地方の中心的寺院だったと考えられている。

 国史跡指定への答申について、福田紀彦市長は「今後、市の貴重な宝として50年、100年先を見据えた整備を行い、全国にその魅力を発信して、本市のさらなる文化的発展につなげていきたい」としている。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

南北つなぐ「やさいバス」

南北つなぐ「やさいバス」 社会

地産地消めざし 運行開始

11月26日号

歴史刻む写真1千点

渡田山王町故所榮一さん

歴史刻む写真1千点 社会

妻・芙美子さん、区に寄贈

11月26日号

聖火トーチ、リレーで展示

川崎区内4郵便局

聖火トーチ、リレーで展示 文化

東京五輪の感動 地域へ

11月19日号

事故・詐欺防止へ連携

幸警察署

事故・詐欺防止へ連携 社会

第一生命、外郭2団体と協定

11月19日号

藤崎こ文に壁画

川中島中美術部

藤崎こ文に壁画 文化

住民の励まし受け完成

11月12日号

eスポーツのまち目指す

幸区

eスポーツのまち目指す スポーツ

区制50周年に大会開催も

11月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook