川崎区・幸区版 掲載号:2014年12月19日号 エリアトップへ

衆院選神奈川10区 自民・田中氏が7度目の当選 城島、中野氏獲得ならず

政治

掲載号:2014年12月19日号

  • LINE
  • hatena
満願成就し、ダルマに眼入れする田中氏
満願成就し、ダルマに眼入れする田中氏

 第47回衆議院議員総選挙が14日に投開票され、3人が立候補した神奈川県第10区(川崎区・幸区・中原区の一部)では、自民党の田中和徳氏が7度目の当選を果たした。

【中面に区別候補者得票数・区別比例得票数データ、投票率県内ワースト記事】

 田中氏の選挙事務所では、午後8時頃から続々と支持者が集まり、テレビで情勢を見守った。開票から僅か10分ほどで当確が報じられると、支持者らは手を取り合い歓喜に沸いた。

 用意された約70席を埋めるほど支持者らが駆けつけたころ姿をみせた田中氏は「皆さまのおかげで当選でき感謝したい」と挨拶。しかし、その後は表情を引き締め「選挙期間中に駅頭で配るチラシをなかなか手にしてもらえず、前回より投票率が下がると感じた。民主主義にとって重要な国政選挙であり大きな課題だ。もう一度原点を見直し、有権者の声に耳を傾けなければならない」と低投票率への危機感を口にした。

 今選挙の争点の一つだったアベノミクスについては「GDPの値からしてもまだ踊り場の状況。国民の理解と支持を頂きながら前進させるとともに、党役員として市民・国民の生活を守っていく」と誓った。

議席奪還ならず民主

 民主元職で元財務相の城島光力氏は選挙期間中、「民主主義の危機。弱い立場の人がますます弱い方へと追いやられる」と訴えたが、比例復活も果たせず議席奪還できなかった。城島氏は「全力投球した選挙戦だったが、有権者の心を捉えることはできなかった。おわびしたい」と支持者に陳謝した。 

躍進に手ごたえ共産

 共産党新人の中野智裕氏は翌15日、中原区の選挙事務所で開かれた報告会で選挙戦を総括した。中野氏は「全国では選挙前の8議席から21議席に伸ばし、県では畑野君枝さんが当選し、躍進できた。10区でも前回の投票率の2倍という支持をいただいた」と話した。

低調投票率

 10区の小選挙区の投票率は、前回よりも6・64ポイント低い51・88%で小選挙区制では過去最低。川崎区は48・15%(同5・78ポイント減)、幸区は53・66%(同6・76ポイント減)中原区は55・11%(同6・39ポイント減)だった。
 

敗戦の弁を述べる城島氏
敗戦の弁を述べる城島氏
支援者にあいさつする中野氏
支援者にあいさつする中野氏

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

LGBTQ、ダンスで表現

JDS出身ダンサー

LGBTQ、ダンスで表現 社会

「差別ない世界願う」

10月15日号

川崎区、フロンターレと協定

川崎区、フロンターレと協定 社会

まちづくりで連携

10月15日号

「消毒駅のご利用を」

尻手駅

「消毒駅のご利用を」 社会

若手職員が看板制作

10月8日号

「仮装かかし」で地域活性

鹿島田・新川崎住民有志

「仮装かかし」で地域活性 文化

ハロウィーン企画に一役

10月1日号

地域連携で模擬患者養成

看護短大

地域連携で模擬患者養成 社会

リアルな授業を期待

10月1日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook