川崎区・幸区版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

市町村対抗「かながわ駅伝」 川崎市、6年ぶりⅤ 矢澤さん、橋本さんが区間賞

スポーツ

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
優勝し笑顔のメンバー
優勝し笑顔のメンバー

 第69回市町村対抗かながわ駅伝競走大会(主催/allかながわスポーツゲームズ実行委員会ほか)が2月8日に開催され、川崎市チームが6年ぶり19回目の優勝を飾った。

 大会前から優勝候補筆頭と目されていた川崎市チームだったが、本番直前に選手の一人がひざを故障し、急きょメンバーを変更。それにより、予定していた担当区間も入れ替えて大会に臨んだ。そんなアクシデントも物ともせず、選手らはそれぞれの実力を発揮し襷をつないだ。

 小出敏之監督がレースのターニングポイントに挙げたのは第5区。「法政二高の橋本龍一くんが期待以上の走りをみせてくれ、区間賞を取った。チームも首位に浮上し、ムードも盛り上がった」と振り返った。また、第2区で同じく区間賞を獲得した矢澤曜さん、社会人や大学生が名を連ねる中で健闘した第4区の西中原中・茅野珠里さんの走りも光った。

「声援が選手の力に」

 川崎市は、第63回大会を最後に優勝から遠ざかり、ライバルの横浜市に4年連続で頂点を明け渡していた。それだけに小出監督は「今年こそ、というプレッシャーを選手は感じていたと思う。満足のいく走りができず悔しがる選手もいたが、みな期待に応えてくれ川崎市の力を見せられた」とねぎらった。

 また、応援に駆けつけた市民には「心強い声援が選手に届いて力になった。本当に嬉しかった」と感謝を述べた。

 なお、この駅伝大会は県内各市町村の代表11人がエントリーし、秦野市中央運動公園から県立相模湖公園までの51・9Kmを7区間に分け、襷を繋ぐ伝統のイベント。昨年は大雪のため中止となっていた。
 

力走する矢澤さん(手前)
力走する矢澤さん(手前)

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

養護施設に洋食提供

養護施設に洋食提供 社会

川崎マリーンRC

6月18日号

アサガオでおもてなし

大島小

アサガオでおもてなし 教育

東京オリ・パラに向け

6月18日号

市民祭り開催断念

市民祭り開催断念 文化

60万人規模 安全確保難しく

6月18日号

地元選出議員が登壇

地元選出議員が登壇 社会

市議会 18日から一般質問

6月18日号

香辛子を大学生がPR

香辛子を大学生がPR 教育

市職員らと意見交換

6月18日号

シマウマのミドリ、天国へ

夢見ヶ崎動物公園

シマウマのミドリ、天国へ 社会

22日まで献花受付

6月18日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter