川崎区・幸区版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

外国人市民が防災訓練 地域連携必要性の指摘も

社会

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena
消火訓練を行う外国人市民ら
消火訓練を行う外国人市民ら

 外国人市民の防災意識を高めようと今月8日、カトリック貝塚教会などで防災フォーラムが開かれた。外国人市民、通訳ボランティア、区民会議委員ら約100人が訓練に参加。多文化共生や共助の観点から将来的には地域住民との連携の必要性が訴えられた。

 「外国につながる市民と考える防災フォーラム」は川崎区、川崎区区民会議、川崎市ふれあい館が主催した。

 2014年12月31日時点で川崎区には市内で最も多い1万1525人の外国人市民が在住する。外国人市民は言葉の壁から限られた情報しか入らないなど「災害弱者」として位置づけられ、外国人市民を含めた地域防災力の課題となっている。

 フォーラムが行われたカトリック貝塚教会はミサで外国人市民がたくさん集まり、コミュニティーが形成されている。こうしたコミュニティーで開催されるのは初。この日はベトナム人、フィリピン人、ペルー人、中国人をはじめ、通訳ボランティア、区民会議委員ら約100人が集まり、避難所の確認や水消火器による消火訓練、煙体験などを行った。

 ホ・クリスティーナさんは「3・11の時にはどこに避難すればいいのかわからず、不安で悩み、家に閉じこもっているフィリピン人の仲間が多くいた。こうした体験はありがたいし、安心できる」と語った。

 ベトナム出身の長杜(ながもり)玲侍(れいじ)さんは「いざという時にどう対応すればいいのかが分かり、いい経験になった」と述べた。

 フォーラムは外国人を中心に行われたが、「災害に国籍は関係ない。お互いに仲良くして理解を深めることにチャレンジしなければならない」(トニー・トレンティノさん)と指摘する声も。

 北沢仁美副区長は「将来的には地域の日本人も一緒に混じってできる取り組みができれば」との認識を示した。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

成年後見 普及推進へ

川崎市

成年後見 普及推進へ 社会

対象8万人に利用3千弱

6月25日号

川崎の塩 歴史紡ぐ

縁結びプロジェクト

川崎の塩 歴史紡ぐ 文化

手作りキット、児童に配布

6月25日号

工藤さん(西御幸小6年)初の全国へ

ソフトテニス

工藤さん(西御幸小6年)初の全国へ スポーツ

1年越しの思いコートで

6月18日号

被害防止へあの手この手

特殊詐欺

被害防止へあの手この手 社会

臨港署管轄内で「増加傾向」

6月18日号

オンライン手続き支援

大師・田島支所

オンライン手続き支援 社会

市、実施方針を策定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter