川崎区・幸区版 掲載号:2015年2月20日号 エリアトップへ

大島小5年生開発米粉使用 「『神の食感』クッキーいかが」 浜町のパン工房で販売

教育

掲載号:2015年2月20日号

  • LINE
  • hatena
チラシを手にPRする児童とパン工房スタッフら
チラシを手にPRする児童とパン工房スタッフら

 浜町にある市立大島小学校の5年生が学校創立90周年記念に開発した米粉クッキーが同町内のパン工房「Andante(アンダンテ)」で14日から復刻販売された。子どもたちは「自分たちの足跡を未来に残すことができた」と喜びをかみしめている。

 米粉クッキーは同小の5年生が授業で育てている米を使用して周年記念のものを作ろうと、6月から検討を重ねて考案された。9月から試作を重ねてつくりあげるとともに「600人分を焼いてくれる協力店を探したり、予算交渉などを行って完成したクッキーだ」と小平容子教諭は語る。

 昨年11月15日に開かれた式典で配布したところ「とてもおいしい」と声が上がった一方、「一口しか食べられなかった。もっと食べたい」というリクエストの声が相次いだ。

 「自分たちの作った米粉クッキーを食べてもらいたい」。児童たちからもそんな思いが湧き上がり、協力店の同町内のパン工房「Andante(アンダンテ)」に依頼したところ、快諾。14日から復刻販売されることになった。

 「きずなのあしあと」と名付けられたクッキーは、直径3・5センチほどの大きさ。収穫量の関係で大島小学校産の米こそ使用されていないが、式典で配られたものが再現されている。プレーン、抹茶、ココア、ハーフ&ハーフの4種で120円。「サクサク感が特徴。『神の食感』を味わってもらいたい」と、チラシPR担当の越後谷正真さんは語る。

 赤松理校長は「子どもたちが校長の思いを超え、商品化されたことはうれしい。誇らしい」と語る。
 

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

オンライン手続き支援

大師・田島支所

オンライン手続き支援 社会

市、実施方針を策定

6月11日号

町会支援に新補助金

川崎市

町会支援に新補助金 社会

活動後押し 7月導入へ

6月11日号

宮前小避難に疑問の声

川崎区内町内会

宮前小避難に疑問の声 社会

「近くの競馬場が現実的」

6月4日号

球技専用スタジアムに

等々力陸上競技場

球技専用スタジアムに スポーツ

陸上は補助競技場改修

6月4日号

「南口改札」に期待感

カワサキデルタ開業

「南口改札」に期待感 社会

地元商連、JRへ要望継続

5月28日号

「ボール禁止」 看板を変更

市内公園

「ボール禁止」 看板を変更 社会

市、規制からマナー啓発へ

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter