川崎区・幸区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

「畑を気軽に楽しんで」 宮前の農地でフェス

文化

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
「皆で作り上げる催しに変わりました」(小泉博司さん)
「皆で作り上げる催しに変わりました」(小泉博司さん)

 都市の畑に気軽に来てもらい、楽しさとその役割などを知って欲しい――

 宮前区にある農園で5月31日(日)、近隣の飲食店やミュージシャンらが参加するイベント「農園フェス」が催される。

 4年目を迎えた今回は、これまでの会費制ビュッフェ方式での運営から入場無料のイベントへと内容を一新。仕掛け人の一人で、会場となる小泉農園の小泉博司さん(37)は「今までは予算や告知などで苦労することも多かった。今回からは自分たちが楽しみながら、何よりイベントを続けていけるように色々と考え直しました」と話す。ネットやPRなどに長けたメンバーを増やし、実行委員会組織を立ち上げたほか、日頃の来園者や知り合いから趣旨に賛同したミュージシャンを呼び、出店の数を増やすなどして、より多くの人が来場できるイベントに変更した。

 当日は「畑、解禁!」をテーマに、10店舗ほどの近隣飲食店が出店する他、ミュージシャンによるライブ、ワークショップなどを企画。泥遊びや農機に乗っての写真撮影コーナーも登場するという。「一般の方にはなじみが薄い農地ですが、日本の農作物の美味しさや災害時には避難場所としても機能することなどを楽しみながら知って貰いたい」と小泉さんは話している。

 同フェスの開催時間は正午から午後5時まで(小雨決行)。住所は宮前区平6の8の15(※農地のため駐車場は無し)、詳細など問い合わせは同フェス実行委員小泉さん【携帯電話】080・6532・5306へ。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

クイズで知るKSF(キングスカイフロント)

福島応援これからも

福島応援これからも 社会

鹿島田  竹内さん母娘

3月5日号

思い出の鉄塔再び

川崎中

思い出の鉄塔再び 社会

モニュメントで日の目

3月5日号

クラブの原点振り返る

フロンターレ天野さん

クラブの原点振り返る 経済

市商連のオンライン講演で

3月5日号

新入学児にマスク贈呈

交通安全母の会

新入学児にマスク贈呈 教育

560枚を手作り

3月5日号

春休みは川崎港へ

春休みは川崎港へ 文化

見学会の参加者募集

3月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク