川崎区・幸区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

県政報告 結婚歴のないひとり親家庭のみなさんへ 県会議員(川崎区選出)公明党 西村くにこ

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena

 平成27年7月より寡婦(夫)控除みなし適用を実施します。

 住民税・所得税に対する所得控除のひとつである「寡婦控除」は、第二次世界大戦で、多くの女性が、生活の柱であった夫を失い、税制面での支援措置が必要とされ、1951年(昭和26年)に創設されました。その後、離婚した女性についても適用範囲が広がり、1981年(昭和56年)には、それまで母子家庭だけに限られていたものが、いわゆる父子家庭にも適用されるようになりました。

 しかしながら、未婚のひとり親家庭には、この制度が適用されません。これにより、所得税額はもとより、

それに基づいて算定される公営住宅の家賃や保育料などに格差が生じていました。

 私、西村くにこは2013年10月の総務政策常任委員会で「親の結婚歴の有無によって子どもたちに差が生じるのは不公平」として、「寡婦控除を未婚のひとり親家庭にも適用すべきだ」と主張。その後も、議会で早期実現を求めてきました。

 また、公明党は、各市議会でもとりあげ、その結果、現在、横浜市・川崎市・相模原市・藤沢市・小田原市・伊勢原市で「みなし寡婦控除」が実施されています。

 これらを受けて県は、未婚のひとり親についても寡婦(夫)控除が適用されたとみなし、母子家庭等日常生活支援事業や県営住宅の家賃、県立高校の授業料、高等職業訓練促進給付金など12の事業で、サービスの利用者負担額や給付額を算定することにしました。実施は7月からです。

 みなし控除を受けるためには、事前に、必要書類を提出し、申請をしていただきます。受付は平成27年6月1日から開始。なお、事前に申請窓口へご相談ください。

 詳しくは、県民局次世代育成部子ども家庭課 児童母子グループ(045・210・4671)。

西村くにこ

横浜市中区日本大通り1番地

TEL:045-210-7630

http://xn--y8ji5e5170a8y9a.com/

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の意見広告・議会報告最新6

未来のために、今を活かす

意見広告

未来のために、今を活かす

国民民主党神奈川県第10区総支部長 鈴木あつし

10月15日号

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

市政報告

安心していつまでも住み続けられる川崎市へ

 日本共産党川崎市議団 後藤まさみ

10月15日号

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

意見広告

政権交代で、いのちと暮らしを守る新しい政治を

日本共産党 前衆議院議員 はたの君枝

10月15日号

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

市政報告

保育園・学校―真剣なコロナ対策を

日本共産党川崎市議団 片柳すすむ

10月15日号

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

市政報告

障がい者雇用拡大・大雨災害対策強化を!

公明党川崎市議会議員団 浜田まさとし

10月15日号

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

市政報告

障害・高齢分野連携で「特別障害者手当」の周知を

日本共産党川崎市議団 渡辺学

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook