川崎区・幸区版 掲載号:2015年12月11日号 エリアトップへ

津波に備えて避難訓練 桜本中で330人が参加

社会

掲載号:2015年12月11日号

  • LINE
  • hatena
屋上に避難する参加者
屋上に避難する参加者

 大地震発生に伴う津波警報発表時に備える「津波避難訓練」が11月29日、桜本中学校で実施された。池上新町1〜3丁目と水江町の住民や川崎区役所職員、臨港消防署員、臨港警察署員など330人が参加した。

 訓練では、防災行政無線や車両で津波警報の広報が行われ、参加者は同校屋上へ避難した。また、津波ハザードマップの配布や消火・放水体験なども行われた。

 参加者からは「津波避難施設や避難経路が実際に確認できて良かった」などといった感想が区に寄せられたという。

 県はマグニチュード8・5の慶長型の地震が発生した際に、区内で予想される津波の高さを川崎港で最大3・71メートルとしている。区内でも最大2〜3メートル浸水する可能性があるため、市では2012年から毎年、津波避難訓練を各地区で開催し、津波への危機意識の向上を呼びかけている。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

情報発信学ぶ講演会

情報発信学ぶ講演会 文化

UUUM常務が登壇

1月21日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 文化

川崎いのちの電話

1月21日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月21日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月21日号

「川崎駅西口」発着便を再編

市バス

「川崎駅西口」発着便を再編 社会

井田病院往きを充実

1月21日号

多文化共生テーマに対話

多文化共生テーマに対話 文化

26日から連続講座

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook