川崎区・幸区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

高校生が指摘、市長「汗が出た」 川崎青年会議所主催「マニフェスト検証会」

政治

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena
福田市長(右)に意見する高校生(左)
福田市長(右)に意見する高校生(左)

 任期の折返しを迎えた福田紀彦市長が2年前に掲げたマニフェストが、どれほど実現できているかを高校生が検証するフォーラムが12日、川崎市産業振興会館で行われた。参加したのは、市内の学校などに通う高校生10人。福田市長と相対し、マニフェストに関する質問や疑問などをぶつけた。

 県立川崎高2年の高野さとみさんは「天下り禁止は本当に実現できますか」と質問。市長は「問題は特権や癒着体質で、これは排除する。疑念を抱かれないよう民間の目を入れ透明化を図っている」と回答した。

 県立新城高2年の高安智寛さんは「マニフェストをもっと周知すべき」とオーダー。市長は「政治家と、行政の長との2面性がある。車座集会は開催しているが、政治活動でないとルール化されれば学校にも出向いて市政について語り合いたい」との姿勢を示した。

 また、洗足学園高2年の鳴海絢葉さんは「市長への手紙やパブコメは関心が高いことを前提としているが、市民はほぼ知らない」と指摘。市長は「鋭い質問で汗が出た」と苦笑いを見せるも「伝えたではなく伝わったかが大切と職員に話している。市民と双方で街に関心をもつ事が重要」とした。

 フォーラムを終え、コメンテーターを務めた早稲田大学名誉教授の北川正恭氏は「全国の先駆けとなるような素晴らしい企画だった。低投票率は市民の責任、有権者が政治に関心をもつことこそ民主主義の原点」と振り返った。

 主催した一般社団法人川崎青年会議所の羽山友章理事長は「全国初の試み。若い世代が自分たちの街は自分たちで作る意識をもつきっかけになれば」と話した。

 また同会議所では、専門家がまとめたマニフェストの検証結果を市民に分かりやすく通信簿風にアレンジ=下記参照。詳細はホームページ(http://kawasaki-jc.or.jp/)でも閲覧可能。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のローカルニュース最新6

情報発信学ぶ講演会

情報発信学ぶ講演会 文化

UUUM常務が登壇

1月21日号

人気落語家の慈善寄席

人気落語家の慈善寄席 文化

川崎いのちの電話

1月21日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月21日号

市内施設に物資寄付

商議所女性会

市内施設に物資寄付 社会

ベビー服や消耗品、480点

1月21日号

「川崎駅西口」発着便を再編

市バス

「川崎駅西口」発着便を再編 社会

井田病院往きを充実

1月21日号

多文化共生テーマに対話

多文化共生テーマに対話 文化

26日から連続講座

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook