川崎区・幸区版 掲載号:2015年12月25日号 エリアトップへ

県代表でバレー全国大会へ 大師中の小海稜太郎さん

スポーツ

掲載号:2015年12月25日号

  • LINE
  • hatena
いつも使い慣れているボールを手にする小海さん
いつも使い慣れているボールを手にする小海さん

 大師中3年で、バレーボール部キャプテンの小海稜太郎さんが、12月25日から28日まで大阪市で開催される「JOCジュニアオリンピックカップ第29回都道府県対抗中学バレーボール大会」の神奈川県代表選手として出場する。

 8月に行われた代表選手選考会には350人が参加。小海さんはその中から選ばれた12人のうちの1人だ。184・5cmの長身がから繰り出す、相手のアタックの威力を食い止める力強いブロックが魅力。一方で、「強いボールに対してのレシーブが課題」と自己分析し、瞬時に低い姿勢を作れるように、日々の柔軟体操をしっかりすることを心がけているという。

 代表選手としての練習は、8月下旬からスタート。毎週土日に県内の各高校で合宿を行い、11月からは毎週水曜もプラスされ、栃木や山梨の高校にも遠征するなど練習を積んできた。チームワークも良く、活気ある雰囲気の中で行っているという。

 小海さんは「代表に選ばれたのは意外でびっくりしたけれど、うれしかった」と、心境を話す。14年7月の終わり頃には高熱が続いて3週間入院し、同部が出場した県大会には出られなかった。病院のベッドで「悔しい。来年こそは」と誓ったが、今年は県大会への切符を惜しくも逃した。同校教諭でバレーボール部顧問の鈴木隆宣さんは「辛かったと思うが、悔しい思いをしながらもへこたれず、乗り越えたのは本人の強さ。その気持ちも今回の出場につながった要因なのでは」と話す。

 鈴木顧問は、1人1人の視野を広げ、可能性を限定しないようポジションを固定しないチーム作りをしている。あらゆるポジションを経験することで「仲間の動きまで把握でき、ボールをどう出せばいいのかを瞬時に考えられるようになった」と、小海さんは部活で学んだことも糧に、大会で力を発揮するつもりだ。

 「小学生のころ運動は全然できなくて、苦手でした」と頭をかく小海さん。何とかしたいと思っていたところ、小4のときに幼馴染の母親に誘われて一緒にクラブチームの体験会に行ったことがきっかけでバレーを始めた。その少年が5年後県代表として、全国の舞台に立つ。

 「代表に選ばれたからには、全国優勝を目指して頑張りたいです」。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

3月、若者のための文化祭

カワハル企画部

3月、若者のための文化祭 文化

学校外の発表の場を提供

1月28日号

都市緑化フェア川崎で

市制100周年

都市緑化フェア川崎で 文化

正式決定 主会場に3大公園

1月28日号

風呂企画で26周年『沸騰』

川崎フロンターレ

風呂企画で26周年『沸騰』 スポーツ

純烈コラボでファン層拡大

1月21日号

「働き方改善」で連携

ラ チッタデッラ

「働き方改善」で連携 社会

地域活性に向け一歩

1月21日号

惣之助の偉業、映像化

映画監督喜屋武さん

惣之助の偉業、映像化 文化

今秋公開目指す

1月14日号

芝がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

芝がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook