川崎区・幸区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

川崎アゼリアのリニューアルをプロデュースした 島村 美由紀さん 四谷上町出身 59歳

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena

思い立ったら猪突猛進

 ○…商業、レジャー施設等のプロデュース、マーケティングを手掛ける、株式会社ラスアソシエイツの代表取締役。ラゾーナ川崎、羽田空港、羽生PAほか、数々の商業スポットをプロデュースし、今年3月に全面リニューアルした川崎アゼリアを手掛けた。「ラゾーナが『ゆっくり寄り』なら、アゼリアはバスターミナルに通じる地下道でもあることから『ちょい寄り』。短時間でも、満足する何かを見つけてもらえるような施設にしたかった」と話す。

 ○…子どもの頃、川崎駅の駅ビルに心躍らせた。「男性がすごく器用にサンドイッチを作っていて、私にはそれが芸術品のように見えた」。輸入食材を扱う明治屋はキラキラと輝いて見え、不二家レストランで食べたチョコレートパフェは「とてつもなく素晴らしいもの」として映った。よく連れられて行ったさいか屋では必ず迷子になり「母が探すと決まって婦人服売り場のマネキンを口を開けて見つめていたんですって」と笑う。「それが原点かもしれない。今回の仕事は素敵な体験をさせてもらった川崎に恩返し、という気持ちでした」。

 ○…大学卒業後は経済系総合出版社に3年務めた後、シンクタンクの研究員に。26歳のときに雑貨店を運営する子会社へ行き、赤字続きの経営を約2年で黒字化するなど手腕を発揮した。「商業施設に出店しないか」と提案してきたコンサルタントと出会ったことで「こんな仕事があるんだ」と開眼。32歳で現在の会社を立ち上げた。

 ○…仕事の基本は「当たってくだけろ」。立地が良いのにそれを活かせていないと感じる施設には「許せない!」とすぐに電話をかけ、改善すべき点を直接進言しに行くなど猪突猛進。実績に加えこの勢いとあってセミナーなどにも引っ張りだこだ。”作品”は駅の施設、空港、サービスエリアときて「あとは船だけかな、なんて半分冗談、半分本気」。次なる野望も近いうちに実現するかもしれない。

川崎市川崎区のご葬儀

ニーズに応じた家族葬プランをご用意

https://www.daviusliving.jp

<PR>

川崎区・幸区版の人物風土記最新6

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

大久保 謙二さん

京急川崎駅駅長を務める

大久保 謙二さん

横須賀市在住 57歳

3月20日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月13日号

山田 益男さん

幸区文化協会会長として活躍する

山田 益男さん

幸区幸町在住 64歳

3月6日号

岩 篤志(いわ あつし)さん

小学校や自身のコミュニティカフェで「食」を通したまちづくり活動を行う

岩 篤志(いわ あつし)さん

幸区堀川町在勤 36歳

2月28日号

服部 由弥(ゆうや)さん

「かながわ駅伝」1区で区間賞を取った

服部 由弥(ゆうや)さん

市立塚越中学校3年 15歳

2月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 8月10日0:00更新

  • 9月29日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク