川崎区・幸区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

臨港病院がリニューアル 「さらなる地域医療の向上に努めたい」

社会

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena
4月18日から利用が始まった新病棟
4月18日から利用が始まった新病棟

 総合川崎臨港病院(医療法人社団和光会・渡邊嘉久理事長/渡邊嘉行院長)の新棟(南棟)が完成し、先月18日から利用が始まった。患者自身、受診科目が分からなくても適切な科へ橋渡しする「総合外来」を開設したほか、産科病床を拡充させた。同病院は「さらなる地域医療の貢献に務めたい」と意欲を示す。

 新棟は既存施設に隣接する市衛生研究所跡地に建設された。

 鉄筋4建てで1階には外来受付や既存病棟内に点在していた検査室を集約した健診センターが開設。2階は外来診察室、3階は一般病床、4階は産科センターと産科病床が設けられた。内装は「病気やケガで沈んだ気持ちを少しでも和らげよう」と、ボールペン画クリエイター佐藤明日香さんによる壁面イラストや案内サインが施され、新病棟前には9台分の駐車場スペースを設置した。

 新病棟開院にともない同病院では、午前中の内科、外科系の診療を総合外来として受け付けを開始した。患者自身、受診科目が分からなくても適切な科へ橋渡しするという。受診できる医師が増えることで診察の待ち時間の短縮効果につながるメリットを同病院は強調する。

 藤崎の関連病院『にじのまち病院』の機能を集約させた「新しい総合川崎臨港病院」としてスタートを切った点も特徴。産科センターに設置された産科病床をこれまでの12床から16床へと増やし、出産教室や母親学級などの出産前後のサポートをより手厚くした。また、高齢者の在宅復帰支援をこれまで以上に強化を図るため、旧棟施設に回復期病床を34床から55床に増床した。

 同病院は「地域住民の皆さまの健康的な障害を支える『にんげん中心の総合病院』として、地域医療にこれまで以上に貢献していきたい」と話す。

病床が16床へと増えた産科センター
病床が16床へと増えた産科センター
ボールペン画クリエイターによる壁面イラスト
ボールペン画クリエイターによる壁面イラスト

川崎区・幸区版のトップニュース最新6

風呂企画で26周年『沸騰』

川崎フロンターレ

風呂企画で26周年『沸騰』 スポーツ

純烈コラボでファン層拡大

1月21日号

「働き方改善」で連携

ラ チッタデッラ

「働き方改善」で連携 社会

地域活性に向け一歩

1月21日号

惣之助の偉業、映像化

映画監督喜屋武さん

惣之助の偉業、映像化 文化

今秋公開目指す

1月14日号

芝がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

芝がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

鹿島田商店会 特別賞に

かながわ商店街大賞

鹿島田商店会 特別賞に 社会

オンライン活用企画が評価

1月7日号

コロナと経済 両立めざす

黒岩知事インタビュー

コロナと経済 両立めざす 社会

反転攻勢に強い意欲

1月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • あっとほーむデスク

    1月21日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

川崎区・幸区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

川崎区・幸区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook